結婚を決めたあの時の嫁みたいに自然と嫁を助けられる存在になりたい

人気記事

 
400: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/25(金) 09:58:48.12

決意を持って書き捨てる。

嫁とは付き合いだけが長くダラダラ続いていた。
ある日のデートで立ち寄ったミスド。
すごく混んでいて、年末でもあり荷物で通路が半分ほど塞がれていた。
俺達は食べ終わったトレイを置くところの近くに座っていた。
口いっぱいに頬張る嫁。
(ちょっとは女らしく食べろよ…)なんてイライラもしていた。
するといきなりスクッと立ち上がった。
リスみたいな頬のまま、無言で席をたつ。
嫁は通路に背を向けていたのに、斜め後ろにいた車椅子のおじさんのトレイを片付けていた。
おじさんは片付ける場所まで行けなくて困っていたんだ。
俺は通路に向いて座っていたのに気付かなかった。
口をモゴモゴさせたまま戻ってきた嫁に「偉いね」って声をかけたら顔真っ赤にしてまたドーナツにかぶりついた。
その行動で俺は結婚を決めた。

あれから数年。
嫁はこれから車椅子生活になるようだ。
俺はあの時の嫁みたいに自然と車椅子の嫁を助けられる存在になりたい。
いや、なる。
意地っ張りでツンデレで、医師から説明を受けたときも笑っていて。
そんな嫁を心も身体も支えられる存在になる。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/tomorrow/1307180673/

402: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/25(金) 10:52:07.22
>>400
詳しくは聞かないけどガンバレ!

403: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/25(金) 11:22:02.87
>>400
お前の決意に乾杯。

404: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/26(土) 01:40:46.68
>>400ni sachi are!

405: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/26(土) 06:51:39.56

>>400
お前がかつての奥さんが取ったような行動を目指すなら、見知らぬ他人にも優しくならないとな。

奥さんまだ若いだろうし介護の手はあまり必要ないかもしれないけど、
力任せの介護は体を痛めるから少しずつ勉強しとけ。
本だけじゃ分かりにくいから教育テレビも参考にな。
バリアフリーの美容院も探しとけよ。

幸せを願う


 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。