359: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/03/15(木) 05:03
幼い頃に両親を亡くした父は、 
姉がずうっと彼にとっての母親のようなものでした。 
戦/争中に二人して結核を患い、 
供に病魔に苦しみ、克服してきたようです。 



引用元:◆◇心霊ちょっといい話◇◆
http://piza.2ch.net/occult/kako/981/981981363.html




お刺身定食を食べていると、義弟「私さん意地汚いっすよ」私「え?何かした?」義弟「全部食べるのはどうかと思う」→意味不明なことを言い出し・・・

1点物で買った私の鞄と同じ物を肩から提げたママを電車の中で発見。鞄は妹に貸していたので疑問に思いつつ後先考えず「それ私のですよね?」と話し掛けてしまった。すると

ブログに俺をいじめた奴らの実名をさらした結果wwww










弟を育てる事で手一杯だった姉は、
婚期を逃し、ずうっと独身でした。
弟のほうは結婚して、子供、つまりは私ができました。
病魔も完全には完治していなかったようで、
姉・弟供に後遺症にいつも悩まされる日々でした。
こんな状況の中、ずうっと一人でいた姉の方は
だんだん精神のほうがすさんでいって、
その腹いせに弟の妻をいびるようになっていきました。
それでも弟の妻は、病みながら一人暮らしを続けるのは
何かと問題があるから、同居して幸せに暮らそうと進言しましたが、
姉のほうは意固地にも拒否し続けました。
弟が突然体調を壊し、入院することになり、
それで手一杯だった弟の妻は1週間ほど
姉と連絡がとれないままでした。
そして、彼女の家を訪れると
炬燵の中でこときれている姉を発見しました。
タヒんでちょうど1週間が過ぎていて、
炬燵の中にあった足はすでに腐乱が始まっていました。

入院中の弟に、妻が姉のタヒを伝えると
無言で肩を震わせながら、何時間にもわたって泣いていたそうです。
とはいえ、なんとか気力をとりもどした弟は、
それでも病魔を克服して生きていこうとしていました。

弟は日記をいつもつけていましたが、
病気が進むにつれペンもまともにもてないようになりました。
満足に字がかけない状況でも、弟は日記を書きつづけました。
そしてとある夜のこと......。
震える手で刻まれた日記には、
”姉の気配”

そして翌日弟は亡くなりました。

姉がなにがなんでも、弟を呼び寄せたかったんだろうな、と
思っています。

360: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/03/15(木) 05:14