51: 本当にあった怖い名無し 2009/12/06(日) 03:31:17 ID:q1CHicioO
大学生の時、サークルの後輩につきまとってたストーカーがいた。 
後輩は気丈な女の子だったが、ストーカーの過剰な尾行や卑ワイなメールで心身共にボロボロになりかけてた。 

後輩からその事実を聞いて、即座にストーカーの身元を確認。そいつは後輩の同期生(当時1年生)で別のサークルに所属していた。 

俺は即日そのサークルの部長(知り合い)に事実確認を依頼。 
後日、「ストーカー行為を本人の口から聞き出した」と報告された。 

そこで本格的に行動開始。 

引用元:本当にやった復讐 2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1259566882/




お刺身定食を食べていると、義弟「私さん意地汚いっすよ」私「え?何かした?」義弟「全部食べるのはどうかと思う」→意味不明なことを言い出し・・・

1点物で買った私の鞄と同じ物を肩から提げたママを電車の中で発見。鞄は妹に貸していたので疑問に思いつつ後先考えず「それ私のですよね?」と話し掛けてしまった。すると

ブログに俺をいじめた奴らの実名をさらした結果wwww










後輩の帰り道には送りの担当者をつけ、ストーカーの接近をブロック。
ストーカーと同じ学科の後輩にはその話を(もちろん被害者の名前は伏せて)拡散させ、暇な友人数人とローテーションでほぼ毎日露骨な尾行。ストーキングされる気分を体験していただくことにした。
オプションとして、大学事務局に報告したり、ストーカーのメールアドレスを入手してガチホ*系の掲示板にアドレス・住所込みで「兄貴募集」の書き込みをしたり、ストーカーとは接点の無い人間に頼んですれ違い様に罵倒してもらったりと、精神的に追い込んだ。
そいつは結局2ヶ月で大学に顔を出さなくなり、半年もすると消息を知る者はいなくなった。

聞いた話では講義中に突然怯えたり独り言を呟いたりと、壊れてしまって大学を辞めて実家に帰ったらしい。

52: 本当にあった怖い名無し 2009/12/06(日) 09:37:52 ID:LBgD61D10
そんな生易しい復讐はしないな。
生命の源を断ち切る。

55: 本当にあった怖い名無し 2009/12/06(日) 15:14:17 ID:4SG8iws5O