196: 納言 2006/09/28(木) 01:17:07 ID:ETUZ0IsB
バイト先にて、土日のこと。 
パパンとちっちゃい男の子二人でお惣菜やお菓子が密集してるコーナーを歩いてた。 
ママンが見当たらないせいなのかどうも愚図り気味の弟君をパパが抱き上げるも、あえなく泣き出す。 
休日なので周囲は人でいっぱい、特にその辺は店の人気惣菜が出てくるのを待ってる人、弁当・丼ものを吟味する人で 
一番混み合ってる。 
おろおろするパパン、あんまり頼りにならないと思ったのかお兄ちゃん(大体5歳くらい)が弟君を抱っこ。 
抱っこして惣菜の並ぶ台の周りをくるくる歩き回る。 
で、いきなり一言。 

(゚Д゚ )「ぎゅ!」 

引用元:あなたの心がなごむとき~第32章
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1158077594/


197: 納言 2006/09/28(木) 01:48:56 ID:nGY7pLB3
>>196

ちくしょう やられた

(*´Д`)

198: 納言 2006/09/28(木) 01:50:54 ID:0vOIzIpN