548: 彼氏いない歴774年 2009/04/07(火) 19:09:34 ID:goyp/8e3
幼稚園頃だったか。

化粧にあこがれて、白粉花潰したのを毛糸で作ったボンボンにつけて、顔に塗りたくり、高飛車ぶってた。
友達にあそぼーとか言われても「あーたみたいなお子様とは違うんですのよ」とか真面目に言ってた。
母に「やめなさい!」とか言われても「だまらっしゃい」とか返答してた。
そしてそんな自分に誇りを持っていた。
プライドの高い私ってばキャワいい☆って思っていた。
ちなみに太っていた当時の外見は、今思うと小梅太夫そのもの。

引用元:かわいいと思ってやってる・やってた行動【13喪目】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1237393579/




お刺身定食を食べていると、義弟「私さん意地汚いっすよ」私「え?何かした?」義弟「全部食べるのはどうかと思う」→意味不明なことを言い出し・・・

1点物で買った私の鞄と同じ物を肩から提げたママを電車の中で発見。鞄は妹に貸していたので疑問に思いつつ後先考えず「それ私のですよね?」と話し掛けてしまった。すると

ブログに俺をいじめた奴らの実名をさらした結果wwww











髪も自分で切った。魔女の宅急便のキキにあこがれて、長い髪をハサミでばっさり切った。
ええ。切りましたとも。
気付いたらかっぱになっていた。確かにそれはぶくぶく太ったかっぱだった。やけに相撲の強そうなかっぱだった。
母に殴られた。父に笑われた。

遊んでいるうちに本物を使いたくなり、夜中に母のドレッサーへ。
使い方が分からずかわいいと判断したものを適当にあちこちに塗りたくる。
「かわいいもの+かわいい私=最強」本気でそう思っていた。
黄緑色のマニキュアは、光にかざすときらきら光っており、とても綺麗だった。
使い方が分からなかったので顔に塗った。なんか皮膚がピリピリしたような気がした。
遊んでいるうちにだんだん眠くなって、その場で寝てしまった。
朝になり、母の絶叫で目が覚めた。
ドレッサーの中の自分は河童のゾンビだった。
母にぶん殴られた。父に笑い転げられた。

あれから十余年。未だにネタにされる。

561: 彼氏いない歴774年 2009/04/07(火) 20:06:14 ID:vvMLse6v
>>548
デヴィ夫人みたいだな

しかし白粉花ってそういう使い方もできるんだ…メモメモ

644: 彼氏いない歴774年 2009/04/10(金) 22:01:26 ID:nE+rE209