147: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 13:47:32.54 ID:Ip7uy3nR

一ヶ月ぐらい前、通勤途中の地下鉄の階段を上っているときに
上の方から急いでる感じで駆け下りてくる女性がいた。
俺とぶつかりそうになって、あわてて身体を横に捻って避けようとしたらしいのだが
そこで足を踏み外したっぽく背中からで覆い被さってきた。

下りの勢いがついていたから、ものすごい力で
このままだと俺は彼女をバックドロップしそうな体制だった。
階段は確か10段ぐらいは登ってたと思うから、投げては人殺しになりかねん。
俺の本能が「女を守れ!」と叫んだ。
彼女を抱きしめたまま後ろ向きにズサ―――ッと落ちて行った。
柔道やってて良かった。たぶんそのおかげで大事なところは守りながら落ちたんだと思う。
背中一面、紫色のアザが浮かび上がったものの
骨には異常がなく、特にそれ以外の怪我はなかった。
いや、怪我はあった。
大きな怪我が・・・俺の心に。
そうまでして守った女は俺の身体をクッションにして立ち上がり
発車寸前の電車に駆け込んでいった。そして消えた。
一度も振り向きもしなかった。
残されたのは呆然と転がってる俺。
まぁいっか・・・人殺しになるよりは・・・。
紫色のアザから緑色に変わり、赤に変わり・・・
やっと消えたので記念パピコ。

 

引用元: http://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1383971708/





152: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 15:12:49.18 ID:Vwz1Ri/H

>>147
柔道やってなきゃどうなってたことやら
バレーボール経験者なら受けたあと弾き飛ばす癖ついてるし
サッカー経験者なら蹴飛ばしてたかもね
背泳ぎ選手なら後頭部強打

 
148: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 13:57:47.42 ID:mIaeILSR

>>147
よくやった!!乙!!

 

彼に幸あれ