妊娠中の嫁を見てもどこか他人事だった俺→緊急帝王切開が決まって一気にテンパった結果……!!

人気記事

 
169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/31(木) 17:06:55.38

先日、娘が生まれた
妊娠中、正直俺は、腹のでかくなった嫁を見てもどこか他人事だった
もちろん体調を気遣ったりはしたけど、出産なんて女ならできるだろうというか、
みんなやってるんだから痛くても我慢しろ(そして俺は痛くないぜ)みたいな気持ちだった
しかし陣痛がついた日から丸2日痛んだあげく、胎児が降りてきてないとかで緊急帝王切開になり。
院長に告げられ病室を出たあとの嫁の顔色が真っ青通りこして真っ白になっていたので、いよいよやばいんじゃないかと思った

盲腸も経験したことがなく、身内にも大病やったやつがいない俺と嫁。
腹を切る、ということが怖くて怖くて、俺は一気にテンパった。
しかし真っ白な顔色の嫁は、一言も怖いと言わず、俺の袖をぎゅっとにぎりしめて、がんばると言った。
陣痛のあいだも、もういやだとか無理とかは、一度も言わなかった嫁。すごく痛そうだったのに。
せめて励まそうと俺が怖い気持ちを隠していつも通り笑って「大丈夫!きっと出産の3割ぐらいは手術だよ」と
適当なことを言ったら、嫁の目にみるみるうちに涙が。
俺が何も言えないでいると、嫁は「しんじゃったらごめんね」と言った。
そこで初めて俺は、なんてひどいことをしたんだ、と思った
妊娠したのだって、生でやってみたいからとお願いしてやったらできただけで、
別に子作りしようと思ってできたわけじゃない(もちろん妊娠して後悔はないけど)。
こんなたいへんな思いをさせることになるなんて、理解してはいなかった。
男なんて何もできない、と思った。

つづく

引用元: http://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1298690013/

170: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/31(木) 17:07:15.94

つづき

手術室から出てきた嫁は、なんだか一気にやつれたみたいに見えた。
そして、「赤ちゃん、生まれたよ」と小さな弱々しい声で言った。
娘には悪いが、そのときはひとまず、娘のことは考えていなかった。
ただ嫁とまた笑って会えたのが、本当に本当に嬉しくて涙が出そうだった。
麻酔打たれたり腹を切られたりきっと怖かっただろうに、俺にまた笑ってくれたのが嬉しかった。

3月に入ってからは、決算月で忙しく、嫁がいつも文句を言ってくる。言わないときはぶうたれた顔をしている。
たまに困ることもあるが、あの日の嫁を思い出すと、何でもかんでも許せる。
俺のために命を張って、怖い手術も乗り越えて、かけがえのない娘を産んでくれた。

嫁、愛してるよ。一生大事にします
本当にありがとう

171: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/31(木) 17:50:11.75
>>169
>>170
まじめかっ!ww

172: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/31(木) 20:00:45.54

オチがあったらそれはそれですごいなw

>>169-170
いい話をありがとう。
うちの嫁は3回切って4人出してるけど、
何度切っても慣れるもんじゃないな。
男が非力なのもいっしょ。

下の子んときは、上の子と家庭を守る(キリッ ってできたけど、
最初んときはただ待つしかできない身だった。

あの頃の気持ちを思い出すことができたよ。ありがとう。


 

こちらも読まれています

 

コメント

  1. 名前:名無し人間さん 投稿日:2018/01/20(土) 01:05:29 ID:ad4bfc92d 返信

    元々がクズすぎてもう

  2. 名前:名無し人間さん 投稿日:2018/01/20(土) 07:17:08 ID:39b375427 返信

    出産なんて誰でもやってるって人多いけど、生涯未婚率も上がっていて、選択小梨夫婦も増えてて、夫婦の不妊率も上がってるのになんで誰でもやってるって言えるんだろう?

  3. 名前:名無し人間さん 投稿日:2018/01/20(土) 07:56:29 ID:44f851723 返信

    出産でのしぼうや、危険性を知らないなんて…
    ┐(´д`)┌ヤレヤレ

  4. 名前:名無し人間さん 投稿日:2018/03/01(木) 08:10:04 ID:c9013a943 返信

    私も1人目は陣痛後に緊急帝王切開だった。
    私は陣痛が辛すぎて1日以上経っても子宮口は開かない子供も降りてこない何も食えない飲めない腹痛い眠いって中での緊急帝王切開告知だったから『お腹切りましょうね』って言われた瞬間、心の中では『やっと陣痛から解放される〜』って思った。
    しかし、そこからが長くて救急車で総合病院に移動する際もずっと腹痛い、病院に着いても先生達が代わる代わる状態を確認して相談してて切らずに行けるんじゃないかとか話し合ってて進まない。
    そんな中、家族一同揃ってくれた。
    あの時の姉の顔が忘れられない。
    後で聞いたら私が帝王切開する本当に少し前に姉の旦那さんの同級生が予定帝王切開で亡くなっていた。と聞かされた。
    姉が何であんな顔してたのか分かった気がした。
    あと2ヶ月半後に2人目を予定帝王切開する。
    無事に赤ちゃんに会えますように。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。