【馴れ初め】風呂屋の娘を嫁にもらった話

人気記事

 
470: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/15(土) 07:50:55.05 ID:eB2PIGpu0

もう遠い昔になった・・
嫁は風呂屋の娘なのよ。
その頃は古木材を集めて、
それで釜を焚いていた。

たまに松ヤニなんかで火力が一挙に強まる事があって、
その時もワシが風呂に入っていて、
裏からボンと爆発する様な音が聞こえたので、
釜に通じる木戸を開けてみたら、
釜の焚き口から炎が飛び出している。

嫁(多分30歳の頃)はあたふたして、
水水なんて叫んでいるから、
ワシがスコップで冷たい残り灰を放り込んで
炎が収まった所で釜口を閉めて事なきを得た。
そう言えばその時ワシは全裸、後で火傷をしてないか確かめ・・

水なんか掛けたら釜が傷んで焚けなくなる。

親父さんに感謝されて、
その日は湯上りにビールを出して呉れて。

それから遅くに入りに行くと、
彼女が背中を流して呉れたりして、
他のお客がいない時は彼女も裸で一緒に浸かったりして、
ある時部屋においでよと誘われて泊まってしまった。

それからは自然の成り行きで、
入り婿みたいな状態で一緒になった。
時代はスパ銭湯になり、
支店を何軒か出してそこにマンションを一緒に建てたりして、
爺婆が耕していた畑にはホームセンターが出来たりして、
すっかり不動産業になってしまった。
嫁は社長夫人だよ。

風呂屋家業は気持ちが開放的なのか、
子供達も孫達も早々と世帯を持って、
一番古い銭湯を銭湯は1階に残したまま
マンションに建て替えて何家族も一緒に住んでいる。

正月なんかはその大浴場にみんなが一斉に入浴して、
それから新年の宴会が始まる。
新参の彼女が連れて来られると、
最初はモジモジしとるけど、
2~3年するとすっかりなじんでワシの背中を流して呉れる。

引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1482637709/

472: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/15(土) 11:37:02.16 ID:pm4hu0t1p
文字通りの風呂屋なわけね


 

 

コメント

  1. 名前:名無し人間さん 投稿日:2017/05/11(木) 12:44:59 ID:3595583db 返信

    キモい

  2. 名前:名無し人間さん 投稿日:2017/05/12(金) 14:41:42 ID:5da33990e 返信

    うん。気持ち悪い。

  3. 名前:名無し人間さん 投稿日:2017/05/12(金) 20:31:53 ID:52d43061d 返信

    キモい上にネタ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。