彼女に二股かけられてたけど、その姉と結婚した話【結婚に至った経緯⑩】Aとの再開〜エピローグ

人気記事

 

chives/23829″ target=”_blank”>その⑤
その⑥
その⑦
その⑧
その⑨

469: 32-152 ◆1e92z1qkHA 2008/11/17(月) 19:58:35

結婚までの過程で俺は自分を見つめなおす事をした。(させられたといわない点は評価してw)
今まで俺は自分の事をヘタレではないと認識していたが、それは単に問題を直視してなかっただけで
実際は女のB子よりよっぽど女々しく、情けない奴だという事がわかった。
俺をマザコン認定した夜から、B子は二人の時タメ口使うようになったが、そういう事なんだろう。

正直に告白すれば、俺はA子と会わないで済ませたいと思っていた。
だが、それではいけない事もわかっていた。それでB子にどういう作戦で行けば良いかをしつこく聞いた。
-だからぁ、私の妹を騙す気なの?別にとって食うわれるってんじゃないんだし、正直でいいのよ、正直で、
だから正直に行くと、問題が起きないかって聞いているんだってばぁ、

-あのさぁ、良い事を教えてあげるね、、、、真剣な表情のB子、、、、、、、ハイなんでしょう?
-私はね、子供の時からずっと自分の事をA子とは違うって思ってたの、それを誇りにしてた。、、、、うん。
-でね、自然と自分の生き方に共感してくれる人にね、A子の事を悪く言ってたの、、、、そうなんだ。
-でもね、ある人に言われたの、私もA子と変わりないんだよって、、、、ふーん。

-いきなり言われたから反発したんだけれど、その人は二人を良く知っているし、
-信頼できる人だったし、決してA子の事を悪く言わないから、自分の考えが間違っていると思ったの、
-はい、ココで問題です、その人とは誰の事でしょうか、、、、、急にテンションを代える笑顔のB子。
…ごめん、分からない、もしかして君の家族の中にいたの?、、、、、驚いた顔芸をするB子。

-お、さすがに気付きましたね、C男さん、では誰でしょう。ハイ、ずばり、、、、エア?
-ブブー!うーんもっと近しい人です、さぁ、誰、、、、、じゃぁ、ママ?
-ブブー!以外に苦戦してますね、さぁ、解答権は後一回、商品はB子さんの永遠の愛です。さぁ、
まさかA子?、、、、、がっくり肩を落とすB子、少々怒り気味に俺をみる。

引用元: http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1211640030/

471: 32-154 ◆1e92z1qkHA 2008/11/17(月) 20:00:28

-賞品が嫌だったって意味じゃないわよね?、、、、、素で分からん。君の家族ってもう他にいないじゃん、
-私の家族って言ったら、今はこの人だけでしょう、、、、、えっ!、、、、、俺を指さしている?
-貴方が言ったんだよ、何度も何度も、私とA子は同じだって、、、、そうだったの?
-そうだったの!、で、そう思って見直すと全てが、簡単になったんだよ、、、、、?

簡単の意味がわからんかったが、B子の中ではきっとそれは自明だったんだろう。
B子の記憶にある俺は、確かに何度もA子との違いはないと、言っている、俺だよね?
-貴方以外に誰がいるの、出会った頃はよくそういって私をイジって喜んでたんだよ、
-私が反論するのを散々、にやついた顔をしてね、このサディスト!、、、、、ああ、そうだった。

-それで最後にほんのちょっとだけ、私とA子の違いを言ってから、だからB子さんが良いとね、
そうだったよ、思い出した。そうだ、A子の悪口を言うと嫌われると思って言わなかったんだ。
で、B子の興味を引こうとB子の良い所を強調するために、わずかな違いが分かる男を演出してた。
それはみんなごく初期の頃、まだB子が就職が決まってない頃の事だ。

-当時恋愛に飢えていた喪女の私には、君も遠慮せずにA子さんのように振舞っていいよって
-ほら、君の方が魅力的なんだからって聞こえたんだけど、同時にね、、、、、、同時に?
-A子のように振舞えないように縛っているのは、私自身だって聞こえたの、
-そしたら、簡単、私とA子と向き合うんじゃなくて横に並べば良いんだって。

良く理解できないままB子の話は終わったが、とにかくA子に対してはB子と同じように
接すればよいらしい。むしろそうしないと話が悪い方向に勝手に進んでしまうらしい。
-もっと自信をもってよ!、、、、、と、でもでもと繰り返す俺に呆れたように、
-もう、時間切れだからしようがない!ここはB子ママが全部仕切ってあげるけれど、

472: 32-155 ◆1e92z1qkHA 2008/11/17(月) 20:01:09

一度、大きく溜息をついてから、何かを考えている表情をしているので聞く。
そんなに難しい作戦なの?覚えられるかな?、、、、、間抜けな事を、
-はぁ、作戦は簡単よ、貴方はしゃべらない、それだけ、私が考えているのは、
-貴方のそういう、ちょっと変わった気が弱さが好きなのかな?って考えてたの、、、、含み笑いB子。

なんで?気が弱いのは最近自覚したが、特に変わっているとは思えないが、
-ふふ、だって別れた頃はA子が怖くなかったでしょ?、、、、、確かに、
-だからね、貴方が本当に怖がっているのはA子じゃないんだけれど、自覚してる?、、、、…うん。
-貴方が怖がっているのは、何?、、、答えられなかった、失敗してB子を悲しませる事であると。

475: 32 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 03:21:08

えー、エアの逆襲とここまではかなーり史実から離れてますw

B子の心理は、適当に伏線をばら撒いておいて、後でエアの語りで回収しようとはじめに計画しました。
エアとは結婚後2ヶ月に1度くらいの割合で二人で飲むのですが、その時聞いた話も、
実家への挨拶の時に全部入れてしまおうと、、、

同じ小説を読んでどう思ったかを嫁が文学部在籍中の頃から、今でも良くやります。
美文をかけない素人が小説を書こうとした場合、
ミステリのようにすると飽きずに読んでもらえると嫁が言ってたのを思い出し、
構想を練ってたのですが、如何せん絶対的な国語力が足りず、恥かしいです。

で、伏線をばら撒き過ぎて、予定にない「エアの逆襲」をつくり、それでも回収できないので
ここに突っ込みました。全部読み直すと、後から推敲しなおしたい所満載で、gdgdですな。
ライブで書くもんじゃないってつくづく思います。

476: 32-156 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 03:23:25

A子と会うことになっている日の前日、B子は一人で出かけ姉貴とあって洋服や靴を買って帰って着ました。
そして当日は10時に姉貴が着て、映画でも見て時間潰して、二人にいわれ私は追い出されました。
B-そのまま、時間通りA子の待つ喫茶店に来てくれれば良いから、、、、、だって3時まで何するの、
B-それ位自分で考えてください、美容院の予約の1時に間に合わないと不味いの、、、、、え、俺髪切るの?

S-馬鹿、B-違います。、、、、二人は思いっきり共鳴しました。、、、、、仲良く否定しないでよ。
S-いい、今度はお前が全く頼りにならんからB子ちゃんが主役!、お前は黙っているだけ、、、、うん。
B-あ、お義姉さま、ちょっと違います、昨日教えた事ちょっと暗誦してみて、、、ああ、

①B子の右横に座る。②B子が手を握ったら「今度お姉さんと結婚します、今度ともよろしくお付合いください」という。
③常にA子の口元を、真剣な顔で見ている。④B子が膝を二度叩いたら、B子を見てその指示を待つ。

B-あ、そうそう、言い忘れたけれど、時間通りに間に合うように来てお店近くで隠れて待機していてねw
S-簡単な事ばかりだなw、A子さんに先に見付かるなよ、まさかとは思うが逃げるな!、、、、、逃げねえよ!
S-じゃあ、邪魔だからもう出て行け、B-ゴメンね、じゃぁ現場でね、、、、、、ああ、でも俺ってこの格好で良いの?
S-今更2枚目になれないよ、B-むしろそのままでいてね、、、、、朝起きた部屋着のままの格好で追い出された。

何をしようとしているのか分からないが、分からないままで良いとB子は言った。信じるしかない。
指定された喫茶店は表参道であったので、渋谷で不味いファーストフードを食べた後本当に映画を見て時間を潰した。
それでも、時間が余ったので歩いていく事にした。春休みだ、楽しそうな学生達がいっぱい居て、華やいだ雰囲気だ、
青山墓地の桜も3分咲きってところだ。何となく俺ってここにそぐわないと不安になってしまった。

478: 32-157 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:17:32

B子から携帯に連絡が入り、その場所へ行くと、既にA子と向かい合って話していた。
店に入っても、B子の姿が見えなかったが、久しぶりにあうA子を見つけた。
A子はかなり変わっていた、なんと言うか大人になっていた。スーツ姿であった。ただし胸元が開いていた。
で、その前に座っている人物は、なんとB子であった。
今朝みた感じではない、柔らかなピンク系のワンピースで珍しく膝を出しており
白のカーディガン白のパンプス、髪の毛を栗毛に染め、柔らかなウェーブを掛けていた。
年齢が5歳ぐらい若く見えた。似合っていた。
何となく、俺が付き合っていた当時のA子に雰囲気が似ていた。
俺は軽く会釈をして、B子の右横に座ると予定されていた台詞をいった。
今度お姉さんと結婚します、今度ともよろしくお付合いください、、、、これだけでいい筈である。
斜め前に居たA子は、俺の前に席を移動し話を俺に向かって話をし始めた。
話の内容は簡単であった、端的に言えば俺が如何にA子を苦しめたかをずっと話していた。
女性に対して敬意を払わない付き合いをしたこと、いきなり別れを切り出して放置したこと、
性的なこともかなりハッキリした描写で、嫌がらせのように話した。
付き合っていた頃の話が終わると、そんな俺がB子と結婚するのは個人としては反対だといった。
ただ、それは姉の選択だから許さざるを得ない、だから謝って欲しいと言った。

479: 32-158 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:18:09
それを聞き俺は謝ろうとしたがB子がそれを制して、
A子のいった俺の話を本当だと肯定した上で、A子に聞いた
-でも良い所もあったから、A子もつきあっていたんだよね?
A子はそれだからこそ裏切られたのが辛かったといった。
B子はそれを聞いた後、自分も何度俺に裏切られたと具体例を挙げて話した。
-A子ちゃんと同じような目にはもうお姉ちゃんもあったんだよw
-でも、A子ちゃんと違がってもてないから、我慢したの、愛情を持って接すればきっと変わってくれると信じて、
-そしたらね、段々C男さんは変わってくれたの、そうだから結婚することにしたんだ。
-もっと素敵な男の人に、相手にしてもらえるA子は我慢する必要が無かっただけだよ。
-C男さんもお姉ちゃんに対して我慢してたみたい、だからお姉ちゃんも変わったよ。努力したんだからw
-だから、お姉ちゃんから見るとA子が我慢しなかっただけで、C男さんに謝れって言うのは変なんだよ。
ここまで言われてもA子は、なおも謝れと迫ってきた、
仕方なし俺がまた謝ろうとすると、再度B子は制して
-C男さんは謝る必要が無いけれど、A子の彼氏を取ったお姉ちゃんは悪かったと思う、ゴメンなさい
といって深く頭を下げた。
A子はそれでも反対だ、といっていたがB子が合図をしてきたので準備した台詞を再び言った
今度お姉さんと結婚します、今度ともよろしくお付合いください、、、俺は何をしていたのだろう、無力すぎた。
その後B子に指示を受けて、絶縁してやると言っていたA子を置いてお店を出た。

480: 32-159 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:18:54

A子とのけじめは着いたのだろうか?B子に促されて外に出た時は正直放心状態であった。
妹とはもちろんの事、親とも親戚付き合いが無くなるかも知れないがそれで構わない。
B子はそう言ったのだ。B子は俺の代わりにA子に頭を下げて謝ったのだ。
そこまでさせてしまった自分が情けなかった。

A子が語った2年半前の俺は確かに俺だった。A子の言うとおり女性をモノとしか見ていないかった。
A子と気持ちを通わせる努力などしてなかった。B子の件でもそうだ。

姉貴のいうとおり責任を回避してB子を不必要に傷付けた、今自分の尻拭いを押し付けている。
「お姉ちゃんが幸せになりたいなら止した方がいいと思う」A子の言葉は正しいのではないか?
俺で良いのだろうか?B子にとって俺は正しい選択なのだろうか?

俺を優先する事で道を謝ったのではないだろうか?結論の出ない迷路に迷い込みそうになると
-ねぇ、カラオケに行こうよ!、、、はぁ突然なんです?
-貴方、私に言ったよね?俺が落ち込んだ時は傍にいて歌を歌ってくれって、
確かに言ったかもしれない、羅臼湖で、でも、カラオケ嫌いなんだよねぇ、

-好きよ、好きだから、今日みたいに特別な日以外行きたくないの、、、特別な日?
-貴方をなんていうか、身請け?できたって感じかな、変だけど、、、あれで良かったの?
-私はA子を20年以上見ているのよ、あれだけ悪態つければ大丈夫、明日はケロッとしてるわよw
-それになんとなく私に取られたって感じで不機嫌なだけで、もうあの子には未練ないって、
-…それとも、未練を持っていて欲しかった?、、、、…そんな気は、ない。

-ずっと口元を見ておけと言ったのに、胸元を見てた人に言われてもなぁw、、、、ゴメン
-あれはA子の作戦だから、簡単に引っかからないで、次からw、、、、善処します。

気が付くと、B子は何時の間にやら無造作に髪を後ろに纏めている。
こっちの方が似合うと思う、っと口にするタイミングを探す、取り合えず手を繋なごう。
、、、ずっと手を繋いでいたい。

そうこうする内にカラオケ屋に着いた2年前作ったメンバーズカードは有効期限が切れており、
新たに作らされたのは不服だが、2年前と同じタイプの部屋に通されて何故か安心した。

481: 32-161 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:20:15

-今日は何時間でも、ガンガン歌うからw、、、、B子は上機嫌だった。が、しかし、
B子は俺にとっての最良な人だ、きっと一生傍にいてくれる、、、でも、B子にとって俺は?
そんな事を考えていた俺はおそらく暗い顔をして居たんだと思う。

-まだ、気にしてるんだ、私は気にしない、だから気にしないでよ。、、、、B子怒り気味
?あのね、A子は私の妹なんだよ、あの子は私よりちょっと幸せになりたいと思っているだけで、
?私の不幸を願うはずないの!悩むって事はかなり失礼なんだよ、、、、正論かも。
-あの娘なりに気を使ってくれて、こういう形で会ったんだよ、、、、、??
-だから、A子は私より優しいんだってばぁ、、、、、、???、さらに疑問に思ったが

そうだよな、なんだかんだいっても彼女は君の家族だもんな、、、、いい感じのまとめた、つもり、
-はぁ、何言っているの?私の家族は貴方だけでしょうに!明日朝一で籍を入れるって聞いてなかった?
超ふくれっつらのB子、かなり怖い!

?そんな初歩的な事を、未だに分かってないのって、何? 先が思いやられるわ、本当に!
-いい、あたしは貴方のためだけに存在するアイドルなんだよ、そして貴方は観客!
-貴方はその時そのときで、今、するべき事をすればいいの、それで全て上手くいくんだから、

そうだ、たとえB子が家族から絶縁されても、その分俺が努力してB子を幸せにすればいいんだ。
うん、そうだ俺が最初に歌うよ、、、、、やっと、にやっと笑うB子、許された?
?分かって来た?そうね、<ガッツだぜ!>を歌いなさい、ウルフルズのね!さぁ、元気だすために、
ニコニコ笑っている割に、辛辣にも「顔が似てる割には歌が下手よね」と呟く、黒B子(=嫁)出現。

番号入力のためウルフルズのページをめくっていると、ふといい事を思いついた。曲番号を送信!
曲のタイトルがでた段階で驚いて俺をみる、俺の今の気持ちに相応しい選曲だと思う、B子にささげる。
♪イェーイ、君を好きでよかった、このまま、ずうと、ずうと、、、、<バンザイ>だ。
B子はティッシュを取り出し鼻をかんだ、そしてなにやら、また怒り顔になって、カラオケを止める。

482: 32-162 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:20:49

-はぁ、何を歌っているのかなぁ?何か余計な事考えるのはもう止めて、面倒になるだけだから!
?貴方が下手に考えたせいで、私がどんだけ悩んだか、まだ分かってないの?

言い訳は出来ない、と思う。くらめの照明でもB子の涙が光って見える。
俺は肩を抱き寄せ、B子の頬をつたう涙に口付ける、そして唇を重ねようとB子の顎に手をやると、
パシッ、、、、思いっきり跳ね除けられましたorz、、、、嫌われた?

-もぉう、そんなことより、今度は私が歌うのよ、拍手でしょ、手拍子でしょ、掛け声でしょ、
ああ、なんと、B子は既に自分のカラオケに酔っているんだ、じゃいあん?
-いい、ちゃんと観客しなさいよ、、、、はい

B子は立ち上がっている、Aikoの<be master of life>だった。俺手拍子。
♪だぁ、れぇ、がぁ、何を言おうと関係なぁい、わ、た、し、は味方よ
♪そんなの、当たり目のはなしぃよ、オーイエィ
このオーイエィの所でB子は腕を振り上げた、まるでライブコンサートのようだ!

ノリノリのはずだけど、何故か女王様は不満気、間奏の間に何度か腕を振り上げて俺をにらむ。
(分かったよ、そんな目で見るなよ、俺が悪かったさ、やる事やるよ、今度はちゃんと)

♪だぁ、れぇ、がぁ、何をしようと関係なぁい、わ、た、し、は味方よ
♪そんなの、当たり目のはなしぃよ、オーイエィ(オーイエィ)

今度はオーイエィの所で一緒に声をあげ思いっきり腕を振り上げた。ばっちりのタイミングだぜ!
その理由は簡単、二人がちゃんと、アイコンタクトしてたからさ。

483: 32-164 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:22:49

で、結婚式も無事済んで楽しく新婚生活を続けた二人だったが、ちゃんと狙って打ち込んでいるのに、
子供が出来ない月が続いた。B子は共稼ぎのストレスから来るものだと言っていたのだが、俺は
内心、自分が種無しかもしれないと不安になりB子に隠れて検査してもらった(離婚も覚悟していた)。

結果「別に問題ないでしょう」といわれた矢先に、B子から多分授かったといわれた。打ち込んだ日から2日しか
たってないので不思議だったが、女には分かるんだということだ。とてもじゃないが信じられないがw
しかし一ヶ月ほど経った後にB子のおしっこをかけた大きな体温計のようなのがものも子供がいると判定する。

更に一ヶ月ほど経って、会社にいる俺にメールが入った、「今晩はお祝いですよ、パパ」、病院にいるB子からだ。
しかし、そう早く帰る事が出来ずに会社をでるのは6時半を廻ってしまった、怒られるかと思ったが、
駅の改札出たところには満面の笑みのB子がいた。

聞けば、俺の乗った電車に合わせて迎えに来たとの事、家まで二人で手を繋いで歩く。
俺はその時、(離婚の話はせずに)検査をしてもらった話をした。B子も隠れて不妊相談をしにいってたらしい。

-その先生に心配しすぎです、もう一年たってから来て下さいって、門前払いだったのw、、
-でも私にもし問題があったらなるべく早めに離婚してもらおうと思ったんだよ、、、上目遣いB子。
なんとなく根本的にすれ違い夫婦な感じがするが、お互いを気遣って居たんだと解釈しようw

家に着くと赤飯に小さいが尾頭付き鯛塩焼き、蛤のお吸い物etc、なんとなくB子のセンスに一言いいたいが、
今は言わなくていいや、(ちなみに第2子の時も同じだった、云うべきだったorz)。

で、夕食後に、実家に連絡したかと聞くと、俺の実家にはしたという。病院でお姉さんにメールしたら、
-一時間もしないうちに貴方のお父さんから、電話があってね、名付け親になりたい、いやならせろ、って、
(わが親ながらなんて図々しい奴だ!)悪い、姉貴に締めてもらうから、、、、、、
-また、一時間もしないうちにお姉さんからも電話があってね、それは必要ないみたいw、、、姉貴GJ。
-お母さんは、ずっと仏壇の前で黙って手を合わせているそうよ、、、、ちょっと神妙なB子、

484: 32-165 ◆1e92z1qkHA 2008/11/18(火) 05:24:17

B子の実家にはどうなんだい、話はした、、、、、B子は急に面倒くさそうな、顔をして、
-今日はもう遅いし、今度帰った時に話すよ、、、、確かにもう10時半だが、おきてはいるだろう。

いや、里帰り出産とかしなくて良いのかよ、そうなら早めに話しておこうよ、
-えー、私はここで生んで、貴方に面倒見てもらうつもりよ?サボらせないからね!
いや、そういう問題ではなく、二人にとっても初孫だしね、、、
その後もB子は色々と否定的な事を言ったが、なら俺が連絡するというと渋々携帯を取った。

-あ、お母さんですか、B子です、、、かなり事務的な声
-はい、、、、はい、、、、ご心配の必要はないです、、、、ええ、、、、分かってます。
-ええ、、、特に問題があるわけではありません、、、、はい仲良くやってます、、、それはないです。
-ええ、、、ええ、、、今日電話した理由はですね。、、、、、固唾を呑む俺。

-実は、妊娠している事が分かりまして、、、ええ、私です、、、、違います、、、今日病院で確認しました。
-、、え、、、、、違うって、、、、そうじゃないよ、、、、そんな事思ってないって、、、、B子の声色に変化が。
-ちがうよぉー、、、、そんな事はないって、、、、、C男さんの実家では私の好きで良いって。
-うん、分かっているよ、、、、安心して、、、、え、そうじゃないよ、、、、、、やや鼻声のB子。

-そんな事思ってなかったって、、、、だって私を生んでくれたのお母さんでしょ、、、そうだよ。
-ずっとちゃんと言えなかったけれど感謝してんだってばぁ、、、何時だって私の事考えていてくれたでしょ。
-今お腹に赤ちゃんがいるから、もっとハッキリ分かるの、、、、お母さんがどんな気持ちだったか、、、。
-えー、そういうことはお父さんとちゃんと話してよ、、、、こっちはこっちで色々あるし、、、俺を見るB子。
-そう、赤ちゃんの事、、、、ずっと不安だったんだ、、、、ずっと、お母さんに相談したかったの、

493: 32-166 ◆1e92z1qkHA 2008/11/20(木) 02:50:17

-え、悪いよ、、、、A子も家にいるし、、、そんな気を使わないで、、、、B子にティッシュを渡す。
-C男さんが反対する事はないけれど、、、、うん、、、そうだね、、、、うん、、、、お願いする。
-うん、、、、平気だって私が言えば、、、、ぜんぜん、、、優しいよ、気は効かないけれどw
-うん傍にいる、、、今変わるね、、、、涙目で鼻をグズグズさせていたB子、俺に携帯を渡す。

代わりました、C男です、、、、、、、B子は盛大に鼻をかんでいる。
M-有難うね、これもみんな貴方のおかげよ、、、、ママは盛大に泣いていた。何なんだよ!
いえ、何も、私はB子さんに言われた通りにするだけで、、、訳の分からない台詞に困るが、
M-ううん、分かっているわ、、これからもB子を大事にしてね、あとお腹の赤ちゃんも。
はい、掻い出さないようにします。、、、、、訳の分からないであろう台詞で返す。

M-B子が貴方と結婚する時に、不安になって、、、、なにやら長引きそう雰囲気だ、
ここで鼻をかみ終って、俺に目配せしている涙目のB子に、
あ、すいません、B子が代われって言うんで、、、、、、カレイにスルーパス。

-あ、B子だよ、、、やだ、声で分かるでしょ、、、もう、そんな事言い出さないでよ、、、大丈夫。
-気にできるほど、繊細に出来てないの。、、、、そう、お父さんの言うとおり、、、、俺、陰口言われてる?
-うん、もう長くなるから切るね、、、、後で詳しく話すから、もう遅いし、、、じゃあね、切るよ。

494: 32-166 ◆1e92z1qkHA 2008/11/20(木) 02:51:27

繊細に出来ていない俺だが少しは気をつかう。あえて何も言わず風呂のお湯をために行く。
少し何時もより時間をかけてかえって来ると、通常状態のB子に戻っている。

-まったく、年寄りは涙もろくて、話も長いし、困ったもんよね、、、、さっきの涙はなんだったんだ?
-あー、それに断ると後々煩そうだから、私実家帰って出産したいんだけれど、問題ないでしょ。
返事をせずにやれやれという顔をすると、別に意味で受け取ったのか、
-長くても一ヶ月で帰るから、私の家はあくまでもココだから、そんな顔しないでよ、、、、アヒル口B子。

で、この約束は守られず、、B子は約3ヶ月実家にいて、ココに帰ってきての第一声は、
-もおう、なんで言われたとおり掃除しなかったのよ!、、、、、、してたんだが。
-どこに掃除した跡があるの、この子に悪い空気吸わせて病気にする気!、、、、俺、涙目。
後で前日姉に掃除してもらった事を告げると、キレイに掃除していただいて、と感謝の電話を入れてたw
籐の籠の中で眠っている娘と生んでくれたB子の苦労を思うと突っ込む気は全く起きなかった。

– 完 –

514: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/24(月) 02:23:00
凄い読み応えがあった

525: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/28(金) 06:19:43
泣きそう・・・

532: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/03(水) 00:53:20
>>32氏たちの丁寧語や敬語での会話が好きだ。
自分の場合、身体の関係にもならないうち、どころか、
デートもしないうちからタメ口使う女は嫌いだ。付き合いきれない。

539: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/10(水) 11:54:23
やっと終わったか…


 

こちらも読まれています

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。