彼女に二股かけられてたけど、その姉と結婚した話【結婚に至った経緯⑨】エアの逆襲編

人気記事

 

その①
その②
その③
その④
その⑤
その⑥
その⑦
その⑧

414: 32-137 ◆1e92z1qkHA 2008/11/10(月) 22:01:51

この後直ぐ、既に荷物を運び込んでいた俺は正式に住所を移し、B子と同棲することにした。
元々新婚さんが多いこの賃貸マンションでは、俺とB子が結婚していると認識されていた。
つまり、旦那さんは単身赴任?とか、夜中遅く帰ってきているらしい?とか、である。

で、B子の名字しかなかった表札に俺の名前を加えた時には、むしろ今まで結婚して
なかったのかと驚かれ、B子と俺は色々な噂をたてらてたようである。気にしないが、、。
B子の公園仲間の一人には、日曜日奥さんに文句言われながら、いやいや買い物している
俺の姿はとても甘い恋人には見えなかったと、かなり経ってから言われたんだとよ。

住まいから少し離れているが、駐車場を借りて四つドアの軽自動車もかった。
今までデートでほとんどドライブをしなかった二人だが、デートカーを買わずに
B子が一人で運転できる低燃費のお買い物カーを買ったのである。

-今はこれでいい、子育てが終わったら2シートスポーツカー買って海につれてってもらうからw
何時の日にか必ず実現したい目標である。その時B子はきっと、もっと可愛くなっているだろうと思った。
ま、次はリッターぐらいのファミリーカーだな、常識的に考えて。

B子は、最後の砦、であるA子攻略のために何故か、洋服と髪型の研究をし始めていた。
対A子のコンセプトは、出来るキャリアウーマンでなく、大学デビューのお洒落さんだそうだ。

-女の戦いには妥協はないの!、、、、、って事だが、俺には全く分からない。
その女の戦いってなんなの?出来れば知りたいんだけれどw、、、、

-貴方は生まれ変わったとしたら私と結ばれるつもり?、、、、、もちろん、
-私は女に生まれ変わりたいんだけれど、貴方はどっち?、、、、、男が良いかなぁ、、
-なら、知る必要ないわよw、、、、、、う、うん

後で姉貴に聞くと、俺の暴挙に一瞬寒気が走ったらしい。二度とふれるなだとw

で、B子が女の戦いの準備をしている時、俺はまったく準備もせず、男の戦いをする事になる。
そう、エアが俺に電話をかけてきたのだ、

P-C男君、一回二人でゆっくり飲みたいのだが、今週時間取れるかね、
ええ、金曜日なら、、、、、、B子になんの相談もなく、この俺の軽さを後で呪う事になる?

引用元: http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1211640030/

421: 32-138 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 02:55:20

で、問題の金曜日、俺はB子に当日になってから「酒飲んで帰る」とだけメールしてエアと会う事にした。
B子に知らせるべきかどうか考えたが、対A子の事で神経をすり減らしているのに別の負担を
かけたくない事と、何よりエアが呼び出した意図がなんとなく分かったから、知らせなかった。
道場で二人きりになってどっちが強いかハッキリさせようじゃないかっと誘われている、俺は卑怯者でない。

六時半にエアの会社に行き、受付に来訪を告げると程なくエアがニコニコしながら降りてきた。
-悪いねぇ、呼び出してしまって、で、C男君はいけるだろ?、、、、コートを羽織ながら飲む真似をする。
いえ、そんなには、飲めるんですけれど習慣はないです。、、、、、実際、あまり酔えない口なのだ、

-そうか、そりゃ残念だな、でも付き合ってくれるよね、、、、ええ、もちろん。
何故かタクシーが呼ばれていて、俺は一緒に乗り込むことになる。行き先を告げるエア。
-酒をやらないなら、ギャンブルでもするのかい?、、、、、いや、そっちは全然、、、、、これも事実。
-そうか、女だけかw、B子にばれないようにやってくれよ、あの子は嫉妬深いから、、、、はぁ(否定できん)。

ずっと後になって実は夜の店DTである事をエアに伝えたら大笑いされた。自慢にならんよ、と。

エアに連れて行かれたお店は魚料理中心の和風の小料理屋であったが、庶民的ではなく
手元だけ照らす照明とか、BGMのモダンジャズとか、かなり凝っていて、いかにも高そうだった。

-心配しないでくれよ、誘った私が払うから気にせず飲んでくれ、、、、、はぁ、(気後れしている俺)
-君は営業じゃなかったよね、、、、ええ、経理です、
-経理以外にやった事はないかな?、、、、、…(不味い転職前の事は秘密のだったんだ)
-いや、よく感情が顔に出るから、、、、すいません、子供で(汗)
-そんな恐縮しないでくれ、私は別に君を取って食おうって訳じゃないんだからw、、、、はい。

早速、お通しと高そうな日本酒がでて、さしつさされつ状態になる。

422: 32-139 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 02:57:22

-さっきの話の続きだが、趣味というか、休みの日は何をしているんだい?
(娘さんとしてます)、はぁなんとなくゴロゴロしています。、、、と答える。

-そりゃいけないな、若いうちはなるべく体を動かしたほうがいいぞ、
(娘さんは床下手なんでこっちがいつも体を動かしてますよ)、、、、はぁ、気をつけます。

-そうだ、それが良い、、、つかぬ事を聞くが、B子のどこを気に入ってもらえたのかな?
(従順なところです、ベッドの中だけですが)、、、、……、、、、本心を言えない俺は無言。

-wB子の予想通りだな、そういう事を聞くときっと悩んで固まるから聞くなって言われたよw
いえ、特にこれって所はないんですが、生活レベルでの生き方が好きです。

-wああ、それもB子の予想通りだ、思いつめた後、きっとテーブルの拭き方とか言うに違いないってw
まぁ、ハッキリ言えば容姿も、きつめの性格もあまり好みではないのは事実だ。

-いやー、君を見ていると本当にB子と仲が良い事だけは分かるなw、、、、はぁ
-但し、仲が良過ぎて周りが見えなくなるのはいかんぞ、正月はやり過ぎだ、、、、、済みません。

-それで心配になって、興信所で君の事を調べてもらった、これが報告者だ、、、大き目の茶封筒。
-興味があればもって帰って構わんが、B子には秘密にしてくれ、娘に嫌われるのは辛いw

多分、あまり良いことは書かれていないのだろう、差し出された封筒を拒否するしぐさをした。
-そうか、自分がどう世間から見られているか知りたくはないのかw、、、、結婚後見させて下さい。
-そうだな、結婚には勢いも必要だからなw、、、、、はい、瞬発力がないほうなので、

-実は一年前にもB子の事が心配になってね、、、、はぁ、(なんの事だ)。
-就職したら家をでるって突然言い出したんだよ、、、、、はぁ、(ああその事か)
-良く聞くと男と同棲する気でいたらしい、、、、、…(それって俺のことだよね?)
-それで相手はどんな奴だと思って調べたんだ、、、、同じ調査会社の封筒をだす。

A子対策のためにB子とは就職後に出会ったとエアとママに伝えているとB子はいっていた。
今出した報告書に書かれている男はほぼ確実に俺だから、エアに嘘をついていた事がばれている。

423: 32-140 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 02:59:37

-君には不愉快な事ではあるが、婚約者が以前に付き合っていた男の事だ、
-興味があるなら、見ても構わんと私は思う、どうだい?見てみないかい?
恐るべしエア、さっきの封筒に書かれていた日付から、
結婚の挨拶の日には全てを知っていた事になる。今日こそはと狙っていたのだろう。

絶対絶命、思わず貧血でホワイトアウトしそうになったその時、瞼の裏に俺の天使が浮かぶ。
ニコニコ笑いながら、右の掌を大きく広げてパーを出しているB子だ。、、、OK、出すよ。

全く興味がありませんね、B子さんが好きになった人はきっと私にそっくりな良い男ですから、
嫉妬もしませんし、結婚後もトラブルにならないと断言できます。一度はB子さんが選んだ男です。
彼女を不幸にするはずがありません。行き違いがあってわかれたようですが、私はB子さんを信じます。
その男との過去を含めて彼女を全て受け入れます、、、、、、ニコニコ笑いつき。

一度あんぐり口をあけたエアはひとしきり大笑いした後に、深呼吸して、ティシュを取り出し鼻をかみ、
-確かに報告書に書かれていた男は、君にそっくりだったよ、まるで同一人物と思える位w、、、エア笑いすぎ。

-これはあくまでもたとえばの話だが、、、、、笑い顔のままエアが続ける。
-仮にB子に口止めされていることがあって、もうそれが知られていて、それを言わない事によって
-君の評価が著しく落ちるとしたら、どうする気だね?、、、、、、、笑いながらも厳しい質問。

…大して力もなくて頼りないですが、私はB子さんのナイトのつもりでいます。B子さんの言付けは
どんな事があろうと守り続けます。多分、他人からは凄く馬鹿に見えるでしょうが、しようのないことです。

424: 32-141 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 03:03:42

エアは笑うの止めて、またあんぐり口をあけたと思うと、なにやら満足そうに一度頷き、
-…正直な話、悪気があるわけじゃないんだ、なんというか、君の事が羨ましいだけだ。

-B子が言っていた、君は気が利かないからB子が与えた分だけしか愛情をくれないって
-でも、与えた分は必ず返してくれる人だってね、…B子の事を頼む、幸せにしてやってくれ。

もちろんです、根気よく仕事をするタイプの男ではないですが、、、、(おいエア、そこで頷くな!)
B子さんの事だけは、一生努力できる気がしているんです、任せて下さい。、、、、頭を下げあう。

あまり良いタイミングで持ってきてもらえずにややぬるくなった、燗酒を注ぎあう。
練習不足なのに寝技に引き込まれボコボコニされた、実力差は歴然であった。
エアから見たら、ひよっこなんだろう、でも、何故か後継者に指名された。責任重大だ。

それにしてもエアの仕事ぶりは凄い、今年、去年、俺の事を調べていたなんて、
まさにレジェンドな仕事の段取りじゃあないか、まったくもって敵に廻したくない人間の一人だ。
でも、そんな人間に認められた事がちょっと嬉しい。これで終わりだよね?

-それはそうと、B子は捻くれてて結構扱い難いところがあるだろう、、、、、、…そんな事はないです。
-君は本当に考えが顔に出るなぁ、注意した方が良いと思うぞw、、、、、はぁ、
-いや、この間会わせられなかったんだが、聞いていると思うが、B子には妹がいてね、、、、

うん、そうだよねこの話があった、今年、去年、って、続けて一昨年って調べてるのかな?
A子と別れたばかりってひょっとしたら、それもばれている?エアの完璧な仕事ぶりからしたら、、、、
エアは何度俺を試す気だ、知床以来勉強していたギリシャ神話の「シジフォスの神話」を思い出した。
アルベール・カミュ真っ青の不条理が俺を襲うのか?不気味に微笑むエアの本心は?

428: 32-142 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 22:27:33

-A子というんだが、これが今では家内ににて大きくて、全く健康なんだが、子供のころは病弱で、
あれー、3つ目の茶封筒が出される事を予測してエアのカバンに行っていた視線をエアに戻す。
なんかエアの寂しげな表情は、まるでガード下のうらぶれ親父のようになっている。いつの間にか。

-生まれた時から入退院を繰り返してね、本当に大変だったんだよ。、、、、姉妹丼糾弾はなし?
-私は仕事にかまけてたから、ほぼ家内にまかせっきりで、2つ上のB子はまだ手がかかるし、
-女手が足りないかと聞くと、そうだと家内が答えるのでその時一人暮らしをしていた母を、
-あ、B子の立場からするとおばあちゃんを、呼び寄せたんだよ、家内の承諾も得ずに。

-まぁ、おばあちゃんは嫁を苛めるような人ではなかったが、家内からしたら嫌だったんだろうな。
-その時、それに気付くほどの気配りもなく、いいアイデアだと思って居たんだよ(苦笑)、、、、、はぁ。
-でも実際、A子のことで家が大変だったのは事実で、特にB子にとっては救いの神様だったんだろうな。
わかった、エアはB子の半生を話そうとしているのだ、B子と生きる事を決めた俺への手向けの言葉として、

B子は突発的にお婆ちゃんの事を話す事はあったが、それ以外の家族についてはほぼ情報が無かった。
最初はAこの事で俺に気を使っているのかと思ったが、関係なく話したくないとは気付いていた。

-何となくA子に係りっきりの家内と、B子の面倒を見るお婆ちゃんとの二つの組が出来上がってね、
-当然、主婦同士、ちょっとした軋轢もあってね、まぁ家内はあんな性格だから、母が折れてたんだがね。
-まぁ、私としては見合いで結婚した家内より、母の方が気心が知れているというか、
-家に居る時間も多かったので、つい、細かな用事は母に頼んでしまってね、、、あれ、B子の話じゃない?

-うーん、なんというか気分的には妻妾同居という感じかなぁ、上手く手綱を扱っている気だったんだよ。
-でね、やっぱりB子は母親である家内に好かれたいという気持ち強かったんだろうけれど、
-家内からすれば、にっくき姑にくっついている裏切り者だと思っていたのか、、、
-それとも、単に付合いが少ない事を負い目に思っていたのか、妙によそよそしくてな。

429: 32-143 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 22:28:16

B子vsママの図式のルーツはこんな昔っていうか、B子がまだ幼児の頃から出来上がっていたのか!
目から鱗が落ちたのか、今まで気になっていた事が分かったぞ。
B子&お婆ちゃん vs A子&ママ それを影で煽るエア、、、なんだコイツが悪いのか?

-まぁ、B子は一方的にママ、ママといっていた感じだったな、あの事が起きるまで、、、、あの事とは?
-確か幼稚園のお遊戯会かなんかだったと思う、あいにく私は行ってないのだよ、仕事で
-B子は昔から利発だったので、劇か何かの主役をやってたんだと思う、それをママに見て貰おうと、
-何日も前からお願いしてて、当然家内も行く気で居たんだが、、、なんか嫌な予感がするぞ、

-たまたま、A子の様態が急に悪くなって、家内は病院、変わりに母が行ったんだがね、
-きれいだと自慢だった母親でなく、場違いな年寄りが行った事もあったんだろうが、
-何より、ママに約束を破られたのがショックで、普段は聞き分けが恐ろしく良かったんだが、
-泣きながら言ってはいけない言葉をB子は家内に言ったんだよ、、、、、いったいなんです?

-ママはB子よりA子の事が好きなんでしょ、だから何時もB子の事を放っておくんでしょ、てな。
-それを聞いた家内はそりゃあ怒ったさ、母親の愛情を疑られたわけだし、、
-何より母がB子にそう吹き込んでいると思ったんじゃないかな?分からんが、ね。
-A子が大変な時に我侭ばっかりいう貴方なんか嫌い、もうママも子じゃない、お婆ちゃんの子になりな!と

-それ以来B子はまったく泣かなくなり、家内から決定的に離れて母と何時も一緒に居るようになってね
-母が家内をお母さんと呼ぶのを真似て、自分もママとは呼ばなくなったんだよ。

-まぁ、飲んでくれ、、、、、、エアに勧められて、お猪口を開ける。これは幾ら飲んでも酔えそうもない。
でも-ここは酔って、徹底的に酔って、聞かなかった事にしよう。ちょっと重過ぎるぞ、俺には。
-それだけならまだよかったろうけれどね、、、、、、、えーまだあんのかよー。

430: 32 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 22:37:03

いやー、本当に俺って文章書くのに向いてない。
今まで張っていた伏線全部回収できないかもしれないや。
でも、素人なんだから許してちょうだいな、

それと前に書き終えているといったA子とのケジメ編を改修します。
理由は是非とも回収したい伏線をまわすから、

段々史実と離れていくw、まぁ許してよw

431: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/12(水) 22:58:07

>段々史実と離れていくw、まぁ許してよw

ワロタw

432: 32 ◆1e92z1qkHA 2008/11/12(水) 23:12:23

>>431

それでも今まで7割近く史実だぞ!1割は特定防止のためのFAKE、1割は演出、
1割は記憶違いだ、

433: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/12(水) 23:25:35
おもしろいです。次回お待ちしてます。

436: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/13(木) 01:33:25
>>430
十分面白いよ。
無問題だ。

437: 32-144 ◆1e92z1qkHA 2008/11/13(木) 05:18:06

ここまで話を聞いて、俺はB子が俺の家を訪問した後、いい家庭だといった意味が分かった。
あの時は社交辞令に見せかけて嫌味をいう奴だとちょっと腹を立てたが、きっと本心だったのだ。
確かに俺の家はB子のそれと比べればシンプルだ、きっとシンプル・イズ・ベストってことなんだろう。

それにあれほど、セクハラされても親父の事を後でくささなかった(B子の性格ならボロクソいうはず)のは、
単に俺への気遣いかと思ったが、俺と同じでちょっとあの話で敬意を持ったかも知れん、

考えてみるとエアと親父の家庭で起きたトラブルの対処方法が全然違った。恐らく効率から言えば、
ベストソリューションを選んだエアと俺には容易に想像できるが、一人で抱え込んで
単におろおろするだけだった親父、社会的出世という結果が二人の能力差を明確に示している。

でも、姉貴とお袋が仲が悪いとかはない。俺は姉貴に下僕扱いされる事に不満だが、
俺の事以外でも感じられるB子とA子の間の緊張感のようなものは一切ない。
(あ、これは俺が完全に負けてるだけ?)

同年輩の男として二人を結婚相手の立場から比較した場合、毎日周りの空気も読めず定時帰りして
単におろおろするだけで、何の解決策もなかった親父の方が、安心できる相手だったのかもしれない。

暫く出された料理をつつく、関西風?の味付けの煮魚が美味しい。ルーツが新潟にある親父と
茨城にあるお袋の組み合わせから生まれた俺の実家はもっと庶民的な味付けだ。
ここのは食べてみると何となくB子の味付けに似ている。何となく気になったので聞いてみた。

B子さんのお婆さんは関西出身ですか?、、、、、エアちょっと困惑気味、
-正確には関西ではないのだがね、まぁ、私の父に嫁いだから味付けは関西風だな。、、、はい。
-…今までの話で分かったのか?B子が言ってたよ、意外に君は侮れないよ、と
-家内の親戚一同、ずっとあそこだから、確かに味付けは関東風だなw

-B子の料理の味付けが気に入らないなら、早めにB子に言いなさい、、、、、いいえ満足してます。
-今はそうかもしれんが、私だって新婚時代は気にならなかったんだよ。、、、、、はぁ。
(おいおい、何時から気になったって言うんだよ)

441: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/13(木) 12:52:17

32の話は良いね
文章的にも悪くない
時間が掛かっても良いから
全部読みたい

444: 32-145 ◆1e92z1qkHA 2008/11/13(木) 22:13:46

隣には如何にも、不倫カップルって感じの二人が座った。30前な感じの女性は結婚指輪をしている。
エア世代のダンディーな男はその女性の腰に手を回している。世の中乱れている!

-病弱だったA子も小学校上がる頃にはすっかり元気になってね、B子とも仲良く遊ぶようになった。
-B子は面倒見がよかったよ、入退院を繰り返したたえ同じ年の友達に距離を置かれているA子のため
-自分が友達と遊ぶ予定を中止してA子とよく遊んでたな、家内とは距離を取っていたが、
-ただしね、A子がお婆ちゃんに甘える事は許さなかった、もう凄い形相でA子を追い払ったよ。

-A子が元気になった事によってお手伝いであった母の立場がなくなった、母は別居しようと言い出したが
-B子がそれを許さなかった、家内は母がそれを焚き付けていると思っていたようだが、
-実際のところは、裏で操っていたのは私だったんだ、母と離れて暮らしたくなかった。、、、、(おいおい!)

-まぁ、掃除は完全縄張り制、私の書斎、B子の部屋、母のいた客間、が母の領域、
-洗濯は、B子、母、私のものを母がやる、アイロンがけもね、そして一番の問題は、台所、
-これは土日とおやつ作りは母となったんだな、どういう風に決まったか知らんが、、
-B子がお婆ちゃんの手作りおやつを食べている横で、市販のお菓子をA子が食べていたよ。
-あ、あと私が遅くなってきた時の夜食は母だったな、、、、

-それなりに安定してたんだが、B子が六年生の時に母ががんの手術をしてね、
-まぁ、お見舞いもB子は殆んど毎日いってたけど、母とA子は俺と一緒の土日だけだった。
-2,3ヶ月家に戻っては、1ヵ月入院という感じで段々入院の割合が増えて、
-B子が中2の時にいってしまった、、、、、あれ、エアなんか鼻をズルズルさせてる?

1度盛大にはなをかんだエアは、しきりに髪を書き上げて、それから苦笑いを浮かべ、
-この歳で花粉症になったかな?C男君は花粉症かね、、、、、いいえ(コイツ誤魔化したw)

445: 32-146 ◆1e92z1qkHA 2008/11/13(木) 22:35:26

-お通夜の晩の夜遅く、一人きりで母のお棺の前で、私は泣いてたんだよ、悲しくて悲しくて、
-そしたら、いつの間にか後ろにいた、B子に抱きしめられてね、言われたんだ、泣かないでお父さん
-私がお婆ちゃんの代わりをする、だからもう泣かないでと、その後二人で声を出して泣いたがなw

-おかしなものでね、母が氏んだ事によりハッキリ分かったんだ、二つの組を競わせて
-コントロールしてたのではなく、自分は完全にB子と同じ母の組に入って居たんだとな

こ、コイツは、マザコンだったんだぁ、つまり B子、お婆ちゃん、エア組 vs A子、ママ組かぁ
で、今はおばあちゃんが氏んだって事だから、ノーサイドになるわけ?

-母が氏んだことでB子が変わった、B子は完全に家内を敵視するように感じで、
-母がやっていた家事の分担を自分でやるようになった。そして何より私がそれを望んだんだ。
-正直な話、母の氏をあまり悼む事がなかった家内に冷たい女と悪感情を持ってしまった。
-そうなると家内の味付けが妙に気になりだしてね、B子に作ってもらうようになった。

ああ、B子さんは良く言ってます、お料理はおばあちゃんに習ったって、、、軽い話になれ!
-それはおかしいな?B子は母を見ていたかもしれないが習ってない。
-事実、最初は酷いものだった、段々うまくなって言ったんだ。、、、、、(えー、なんなんだよそれ)
-私に聞きながら母の味を再現したんだよ、試行錯誤しながら、、、、はぁ、

つまり、ノーサイドはなくって B子、エア組 vs A子、ママ組 な訳? 確認しよう。

まだ中学生のB子さんが台所に立つなんて異常ですよ、奥様はどうなさったんですか?
-ああ、家内はB子の行動を挑戦と受け取ったようだ、親として受け入れなかったんだろう。
-だけどそれを私が抑えた、子供の自主性を潰すと、本当はB子に依存したかったんだ。
-B子の中に母をみていたんだろうなぁ、、、私は愚かにも、、、

451: 32-147 ◆1e92z1qkHA 2008/11/14(金) 21:58:35

でも、でもですよ、それじゃぁB子さんのなんていうか青春はなかったのですか?
-うーん、どうなのだろう?妹と違い共学でないからBFこそいなかったが、普通だと思うな。
-そもそも手が速いのだよ、B子はそれでいて仕事はキッチリ、分かるだろ君にも、、、なんか自慢?
-部活動こそしなかったがね、本人はしたくないといっていたな、、、、俺の疑問をいぶかしがる感じ?

家族内でも仲がよかったんだよ、家内はB子の事ではB子の判断に委ねたから、喧嘩はない。
-A子はその頃にはすっかり我が家のアイドルになっていて、あの子中心で我が家は明るかったんだ。
-やれクラスの子から告白されたとか、コーラス部の副部長になったとか、
-B子はそんなA子を随分可愛がっていて、A子のためにバレンタインデーの手作りチョコを作ったり、、、

自分は誰かにあげていたんですか?、、、異常だと俺からは見えた。
-気になるのかなw、私は貰ったが、規律の厳しい女子校だったからないと思う。、、、ああエアは気付いてない。
B子は決して不満を言うことはなかったであろう、でも本心は誰よりも主役になりたい奴なんだ。
タイムマシンがあったら俺はその当時のB子にあいに行きたい、そして、、、って、どうすれば良いんだ?
強情なB子は自分が始めた、お婆ちゃんの代わりを自分から止めるとは思えない。そういう馬鹿だ。

でも、受験とかはどうだったんですか?それじゃぁ勉強に集中できないでしょう?
-ああその通りだな、高校2年の夏休み前に、自分の部屋の掃除と自分と私の洗濯以外は止めさせたよ、
-お婆ちゃんがB子が△△大学に合格するのを期待していたってね、まぁ実際そこに現役で入学したし、、
-家内と解放してやれたと喜んだよ、安心したね、、、、、、、、俺はエアに酌をした。

<因みにエアの洗濯fが入った理由は、A子が嫌がったらしい>

-大学に入ったらメガネを止め、A子と相談してお洒落に気を使うようになって、BFというか恋人も出来たんだよ
たぶん二人いたんだと思います、、、、、エアはニヤッと笑う、、、、、本人から聞きましたから
-でもね、二人目の彼氏と別れて暫くして、突然自分から、またお婆ちゃん文の家事をすると言い出してね
-気付いて見ると、元というか元以上に家に居る時間が長くなっていた

454: 32-148 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 08:07:14

二人目の彼氏と何があったんですか?、、、当然の疑問を口にする
-私にも、分からないのだよ、まあ飲んでくれ、、、、、エアに注いでもらったお猪口を空にする、酔えない。

実は、俺はB子の<ご主人様>をしてた頃にB子の元彼達の話をkwsk白状させていたのだった。
その時の興味というか、重要な事はその男達がB子(の主に身体)に残した痕跡を調べ、払拭する事だった。
が、今、冷静に考えればB子はその時に男達と別れた理由を俺に知っておいて貰いたかったのかもしれない。
エ口以外の話をしようとするB子を誤魔化そうとしていると責め、<お仕置き>をしていた、、馬鹿な俺。

相手が初物狙いの身体目的で、別の所で成功したと自慢していたのを伝え聞いて別れた最初の男。
この話は別れた原因としては理解しやすかった。どこにでもそういう男は居るし、
B子もそんなのに騙されて、ラブラブ状態だと思ってしまった、恋愛弱者だったんだろう。
だが、2番目の男とは?確か頓珍漢な理由をだったのを覚えていた。

B-私は以前その人が切符をなくした事があったので、持ちましょうか?と聞いたとたん急に怒り出して振られました。
誰がそんな話を信じるか、きっとお前の淫乱にも男の股間を大衆の面前で触ろうとしたからに違いない!パシッ!
B-信じてください、ご主人様!君は僕の母親なのか?いい加減変に子供扱いするの止めろと云ったろ、ウザイんだよと。
ここで描写し辛い格好のB子をどう料理するかと考えるのに夢中でちゃんと聞いていなかったが、確かこんな事を云ってた。

その男は同じサークルで、学年は同じだが一浪なので年上、向こうから告られて交際開始、だが細かな感覚の相違が
付き合うようになって明らかになった、例えば寝癖がついていると指摘してブラシを出して直してあげようとすると、触るな!
男が手を洗った後タオルケットを出していると、ムッとして自分のハンカチを出して拭く。デート以外でも良く寝坊するので
モーニングコールを掛けると、二度と掛けるなと怒り出す。俺には皆B子のよい面にしか思えないがそれで嫌われたそうだ。

455: 32-149 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 08:46:12

俺は大学の時の彼女に、何もかもが子供っぽいと云われて振られたのだが、どこが?との問いに、今さっきだってそうでしょ、
その歳で食いこぼしするのもそうだけど、それよりその後棄てられた子犬のような目で一回私を見てからしか、拭こうとしないじゃない!
そういう、一つ一つの仕草が、貴方は何時までたっても子供だから別れたいと、、、軽蔑するような目で言われた。

そんな俺からすればB子がその男に嫌われた理由が全く分からなかった、B子の第一次デレ期のだって、切符はおろか財布や
携帯もB子のカバンの中に入れてもらっていた、モーニングコールはなかったがお昼のメニューを決めてもらっていた。
B子と居る時にハンカチを持ってた事は珍しかったし、食いこぼししたらその時点でB子は拭いてくれてた。

B子はそういうのをやってあげたくなる性格なのだ、っていうか、やらせないと不機嫌になる。
なぜその男は分からなかったのだろう?そういう行為を通してしか、愛情を表現するのが苦手な恋愛下手だと。
恋愛だけでなく、感謝される事からしか他人と上手く付き合えない人生下手だと。

その後、サークル内で同じ年(つまりB子の先輩)の女性と付き合うようになったその男は、
B子のそういう面を散々痛い奴だと話し、サークル内で陰口を言われるようになったので、そのサークルを止めたそうだ。
(因みにその時に一緒に止めたのが嫁友2号である)

解放されたハズの家庭に、また逃げ込んだのだろうか?聞いてみよう。
当然、家事とかを再開したんですよねぇ、奥様とかはどういう反応をしたんですか?
-家内は別に構わなかったな、ただね、私が喜ぶのは止めろと忠告してたな、私が喜びすぎると、
-いずれ結婚して家を出る事を予想していたのかなぁ、、、、ああ、エアに逃げ込んだんだ。

-私には以前と同じようにB子が振舞っているだけに見えたがね、多分違ったんだろうな、
-A子に頼まれたよ、お姉ちゃんの干渉が厳しくてかなわないと、特にBF関連では異常だと、なんかしてと。
-仲のよかった姉妹だったのに、何があったんだろうか?、、、、、、、エアちょっと悲しそう。
-自分がモテナイからって私の邪魔しないで!ってA子に云われた後、女の子らしい服装もしなくなった。

457: 32-150 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 18:54:59

-C男君はまだA子にあってなかったかな?、、、、、、、(え、いきなり)…はい、、、、お猪口を空にするエア。
-まぁ、今時の若い娘だよ、どこにでも居る。華やかなので結構もてるようだが、B子と変わらんと私は思う。
違う、…と思います、私にとってB子さんが一番ですから、、、、反論しそうになった。
-そうだ、君にはそういってもらわんとなw、結婚させられんw、、、、、はい。

-それに私にとっても、家に居てもらいたいのはB子だな、だから、問題がないと判断してしまった。
-家内によく言われてたよ、会社の若い人でもB子に紹介してあげなさいってね、まだ学生だ早いといったがね
-でもそんな中、A子とB子が言い合っているのを聞いたんだ。、、、、はぁ
-今日はコンタクトしてスカートはいて、まるでデートでもするみたいだな、A子に云われ、

-B子は今日は水族館でデートするんだと喜んで言っていたのを、、、、(あ、それって?)
-こんな寒いのに水族館って、その人変じゃないってA子がいうとね、、、、(多分、そうだ)
-変な人だから私の事気に入ってくれたんだ、A子でなくって、変だけどいい人だよって、、、、はい(俺の事だ)
-家内に向かって、今日、夕飯の用意できないと言っていた。

-その後には、毎週のようにデートしてたのかな、、、週末どちらかの日はあわただしく帰っては夕食のしてた。
-もっとも服装はお洒落ではなかったが、惚気話をよくしてた、、、、(えー、音楽批評をまじめな顔で話してたよな)
-私や家内を3時の時間にお茶に誘うようになったよ、、何でもその男にドーナツの食べ方をおそわったって云って
-自分で作っては振舞ってくれた、つくり方も教わったって云ってたな、私は変わるよと。

-就職も自分で決めてきて、本当に生き生きし出した、、、、それまでは言い争う事もなかった家内と喧嘩するようになった。
その男の事はなんかいってましたか?、、、、、純粋に気になったので聞いてみた。
-詳しくは言ってなかったが、君の、…そっくりさんの事だと思う、、、、、エア、クリアな含み笑い。、、、、はぁ
-でな、ついには私の反対を押し切って一人暮らしをしたいって言い出して、家内も味方になってね、、、、、はぁ?

458: 32-151 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 18:56:56

俺の認識と違う、俺はママに反対されていたと思っていた、それなのに寧ろ賛成してたのか?
-私の承諾を得ないまま出て行った、心配して調べたら案の定その男に棄てられいたので、、、、、(スイマセン)
-五月の連休一杯までに待って、ダメなら帰って来いとな、B子も納得してたんだが、、、、(ん?)
-最後の日に、そっくりさんでない方の君に新たに出会ったという訳なんだよw、、、、はぁ、

-どうだい、なんか思い出すこととか、記憶違いとかで、私に今云う事はないかい?、、、、、妙に嬉しそうなエア。
…ありません、なんていうか記憶力が恐ろしく、悪いもので、、、、、これで良いんだよねB子?
-君はロッキード事件を知らない世代だと思うのだがw、まだ記憶にないのか?、、、、、大笑いするエア。
-君は本当に顔に出るw、B子が私と君が似てると言うんだよ、ちっとも似てないと思うがねw、、、、首を傾げるエア。

ちがくないよ、そっくりだよ、エアの無意識でやるその仕儀さでわかるさ、俺とエアは同類だ、B子が必要なんだよ。
失礼ですが、髪に手櫛を良く入れられますけれど、B子さんがまたご自宅に居た頃は、朝櫛を入れて貰いませんでした?
-…君は、本当に侮れないなぁ、確かにB子は私が出かける前に櫛を入れた、元々は母の癖だったんだが、、、、
私もやってもらいますよ、そんな日常が似てるのかと、、、、、(単にマザコンなところが似てるんだよ!)

不思議がってロマンスグレーに手をやるエアにからようやく意識を離すと、背広の内ポケットに振動が、、、、
B-まさか、お父さんにあってないよね!、、、、沢山メールが入っている。
-仕事かね?、、、、、ちょっと不満顔のエア、B子からのメールというと、苦笑いして
-それじゃぁ、引き止められん、、、、、というとお店の人を呼んでカードを渡し勘定をすませ、、
-これからも付き合ってくれ、息子と二人で酒を飲むというのに憧れていてね、、、と肩を叩かれ解放された。

459: 32-152 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 19:12:45

急いで家に帰るとB子が心配そうに何を話したか言えと促す。俺はスープを飲みながら、
巨人ファンのエアと野球の話で盛り上がった、あとは仕事の事で軽い相談したと告げた。
私の事は話題に出なかったかというので、当たり障りのないところで、

ピアノ習っていたんだってね、おばあちゃんの入院で止めたそうけど、そんな感じの話が2,3出ただけだよ。
-これを見て!、、、俺の目の前で大きくパーを出しているB子、、、いや誤魔化してなんて居ないよ。
-違う!手の大きさ!、、、、確かにB子は掌が小さい、小指が特に短い、俺サイン読み間違え?
-これがピアニストの手だと思う?お父さんに騙されないでよ、簡単に、、、俺はひよっこかも

-さっきお父さんから電話があって、今日は旦那さんを遅く帰して悪かったって、
-不気味な事に異常に上機嫌で、何度も貴方の事をいい男だといっていたのよ。
…嫌味じゃないのか?、、、、、正直そう思った、あれで評価されるハズがない。
-嫌味じゃないよ、絶対、真面目にそういってる、その上で何かを企んでるから、あの人は怖いのよ。

ゆっくり風呂に入りながら頭の中を整理し上がると、もう流浪の番組は終わっている時間だった。
B子はキッチンの椅子でまだ何かを考えているようだった、こいつって本当に実家では寛げなかったのかも、

-っわ、なにすんのよ、、、、俺は後ろから大きく包み込むように抱きしめる。、、、、パーだよ。
-意味わかんない、、、、、すきって云わなかった、俺のパーに包まれて思考停止するのが?
-そうね、今、お父さんの事を考えても情報量が少なすぎるから分からないわね、、、、疑いの眼差しを向ける。
俺はスカートの裾から手をいれ直に太ももをさする、夫婦のサインをB子は読み間違えなかった。

460: 32 ◆1e92z1qkHA 2008/11/15(土) 19:29:00

えー、B子の心理描写って難しい、俺って普段から考えてないのかも、
ちょっと反省してますけれど、、、一応終わりました。
ご感想をお教えくださいw

次はA子とご対面ですね、、、

>>ホントにドがつくSです、僕はどうしたらいいのだろう(´・ω・`)
あー、俺もそんな風に思ってました、昔は、実際そんなことを良くしてた。

実は自分はMだと気付いた訳でないですよw
独自の性癖があってそれが変えられないって云うのは嘘だと今は思ってます。

相手に合わせる>>(越えられない壁)>>自分の性癖を守る

ってB子と居ると自然に思えて来ました。
幸いB子もそう思ってくれているようです。

だから貴方も、ご安心をw
嫁友2号を深く好きになって変わって見るのもアリです。

え、彼女が変わるかって?、、、、、さぁ、私に云われてもw

462: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/11/16(日) 14:30:32

B子の心理描写はよく描けていると思うよ。
気楽に行こうぜ。

それにしてもA子の現在も気になるな。
これ以降、完全に無関係というわけにもいかんだろうし。

465: 32 ◆1e92z1qkHA 2008/11/17(月) 02:23:04

>>462
>それにしてもA子の現在も気になるな。

2年前に結婚しておりますよ、共稼ぎで未だ小梨ですが、
比較的B子実家に近いところに住んでいて
家事等でママに甘えて、入り浸っております。

A子旦那は一流大学でのお洒落な業界の人で
「身長以外全て貴方より上、多分珍鳥も」(B子談)orz。
という方なので幸せなんでしょう、きっと。

そもそも私がなるべく会わないようにしてるので
よくわからないんですよwはい「チキン」(B子談)です。

が、A子旦那には一度エアに頼まれて彼の窮地に
逢ったことがあります
小職は、で始まる手紙を彼の職場の派遣さんの
配偶者からもらって、A子が一時実家に帰っていた時です。

まぁ、プロが入っている方はお金で解決したんですが、
A子は当然のことながら、腹を立ててたので
それをどうするかって事での話し合いです。

あまり本人が神妙な顔をしてなかったので、
こっちがはらはらしました。

私はタフネゴシエータ・エアのボディガード(B子談)orz。
だったんで何の話し合いにも参加しませんでしたがw

不適切な関係がA子との結婚前からだったのには
正直驚きましたが、エアは全て知っていたようです。

結局何のお咎めもなしで、復縁したんですが
「本心は心配」(エア)、「触っちゃだめ」(B子)
って感じです。

これ詳細が、(書くとしたら)スピンオフのネタですね。


 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。