彼女に二股かけられてたけど、その姉と結婚した話【結婚に至った経緯②】

人気記事

 
71: 32-17 2008/10/04(土) 11:42:50

読み易さを考慮して改行増量中、文体が変わったかも知れませんが、
そこは素人という事でご容赦を、

最悪のバレンタインの後は暫く気不味くなってしまい
B子からデートの承諾は得られなかった。
でもB子からのメールは毎日のように来ていたw
それは気があるという訳でなく、就職活動中の大学3年にとって
会社四季報や会社パンフレット以上の情報が得られそうな
当時金融会社の運用をやっていた俺を利用したかったのだろう。
俺は一方的にB子は俺との繋がりを絶ちたくないと解釈していたがw
添付ファイル(財務諸表など)とかが多かったので必然的に
私の家へのメールである。その日の中に返信したいので夜の10時には
家に帰る事となる。それまで夜遊んで12時回ってからの帰宅が
普通と思っていた家族に逆に心配されたw
NY市況をチャックするため早起きするので徹夜する事もあったのだが、
随分とヘルシーな生活をB子がもたらしてくれた事になるw
ついでに言えばB子とのデートは最初からずっと昼間が多く、
5時には別れるのが普通だった。
‐ランチの方が安くてお徳だから、、、とB子は言っていたが、
嫁曰く、当時家族に男がいると思われたくなかった、そうだ。

引用元: http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1211640030/

72: 32-18 2008/10/04(土) 11:43:41
で、B子のメールに書かれてた事は
‐文学部なんか行くんじゃなかった、
‐やっぱり女性は就職には不利な点が多い
‐資格とか特技って特にないし、、、
等、愚痴というよりは後悔してます感の漂う内容が多かった。
俺はB子の就職に対する考えがちょっと違うと思ってきた。
社会人として一回アドバイスすべきだと思った。
就職の件でちょっと耳に痛い事を言うかもしれません。
メールだと誤解されかねないので、一回あって話しましょう。
B子は拒否する事もなく、
-そうですね、そろそろ桜の季節ですし。
ここで逃す手はない、かなり強引にその週末の予定を入れたw
ちょっと早いと思ったが小田原城の桜を見に行くことにした。
そこを選んだ理由は、行き帰りの電車の中で話す時間が取れる事、
三月の中旬だけどそこまで行けば桜が咲いているだろう、であった
が、桜は咲いていなかった。寒い企画になった。
-相変わらず思い付きで行動するんですね、、、B子冷たい。
-そうだ、熱海に梅林があるからそこに行きましょう、、、B子優しい。
厚手のカーディガンの下にはパステルカラーのフレアスカート、
白のブラウス。化粧はしてないが、コンタクトだ。

73: 32-19 2008/10/04(土) 11:44:38

梅林にはちゃんと梅が咲いており、その花の香りの元でB子お手製の
サンドイッチを食べる。しばらく会ってなかったので、
会話が進まないと思ったが、むしろ開いた期間を埋めるかのように
二人してたわいも無いおしゃべりを交わす。
B子さんはトーイックの点凄いですね、
-・・・まぁ、一応は専攻ですしw、、、だからさっきここを選んだんですね、
-・・・何故です?、、、バイリンガル、梅林がある。
-(呆れたような溜息)笑うべきなんでしょうけれど、、、ダメですか?
-で、言い難い事ってなんですか?その前振りですよね?

↑今でこそ楽だと思うが、その当時はB子の会話の先を読む癖が苦手で
この時も詰まってしまったのであった。後、B子は俺の親父ギャグが
大嫌いで、当時はいつか矯正してしてやるといわれるたびに思っていた
らしい。でも諦めたのか、溜息&冷笑が嫁の基本です。

74: 32-20 2008/10/04(土) 11:45:20
しばらく、見詰め合ってから本題を切り出した。
B子は本人曰く唯一の武器である英語力を生かして、海外貿易の会社を
志望し活動していたが、結果ははかばかしく無かった。
私はそういう所では語学力が当たり前なので、むしろ最近輸出を始めた
メーカーが狙い目である。それも直をやってないか、やり始めた所。
本人の希望通り遣り甲斐のある仕事を長く続けられるでしょうと、
通関士とかの勉強してみたらどうです?
-はぁ、そうですね、でも私に出来るんでしょうか?、、、あれ気弱だな
-なんか会計とかの勉強もしないといけませんよね、、、今更かい!
やるしかないでしょ、就職すれば皆その会社に合わせるでしょう?
もう形から入らないと、自分を会社に必要な人間にしないと、、
俺だって3ボタンのセビロとかソフトスーツもってないですよ?
この間のB子さんが着ていたスーツは、就職活動向きじゃないです。
あれは、結婚相手の両親に挨拶する時って感じですよ。
B子の顔が一瞬いつもの説教モードになったが、直ぐ萎み、
-はぁ、そういうもんでしょうか?、、、
そうです、志望の業界に合わせないと今の貴女は専業主婦志望だと思われます。
-うーん、そうなのかもしれません無意識でそうなってしまうのかも?
視線を落とす。無意識で専業主婦志望?これはフラグか、と思ったが
ここは違うだろう、常識的に考えてっと慎重になって質問した。

75: 32-21 2008/10/04(土) 11:46:00
無意識で専業主婦願望になるってどういう事なんです?
そこで俺は初めてB子の育った環境を後で考える事になるとしった。
-私は祖母に育てられたお婆ちゃん子なんです。もう亡くなってますが、
-祖母は私に何時もB子はいい所にお嫁入りしなさい、
-それが一番幸せだって言ってたんです。それが潜在意識にあるかも、、
力なく笑うB子、意外な言葉であった、キャリア志向は表面だけ?
考えてみると、B子は非常にいいトコの家庭の若奥様になるような
教育を受けてきて、そういう趣向の性格であった。
サンドイッチもうまく作れてたし(オイ)、少々地味な方が受けがいいかも?
-でもそれを変えようとも思っているんですよ。
無理に変えなくて良いんじゃないですか?それが本当の希望なら、、
お見合いでもすれば良いじゃないですか?
-本当にそう思ってるんですか?、、、だって希望でしょ?
-自分の状況を客観視すれば自ずと分かります、私の学部は女ばかり
-男子は1/4、つまり相手にされるは女子の1/3だけです。
-上のグループは大学ブランドを利用しいい条件の相手を外で見つけます、
-真ん中のグループは自家受粉ですね。周りで相手を見つけます。
-で、残りは私のように男の人からも企業からも相手にされないんです。
-私には、いい条件の結婚相手なんか見付からないんです。
すかさず俺なんか、どうですか、結婚相手に?と言おうと思ったが、
お婆さんの事好きだったんですね、と何故かお婆さんネタに
トラップされた。いつかお婆さんの事を話してください。
B子は不思議そうな目で俺を見詰め静かに頷いた。

76: 32-22 2008/10/04(土) 11:46:50
↑実はこのエピソードの記憶は曖昧なんだよね、、
でも話の展開上重要になってくるのであえて不足分を創作しました。
創作といっても嫁の記憶が正しいとすれば、ほぼ事実ですが、、
俺の記憶だと就職活動が上手く行ってない嫁をアドバイスと称し
誘い出だしてデートした、梅見に行ってサンドイッチ食べた。
メーカーの方が入りやすいよ、なんなら公務員?嫌ならいっそ
永久就職なんてどう?あ、お婆ちゃんそういってたの?へぇー。
って感じでちっとも重要でなかったんだが、嫁サイドでは、
この人ならお婆ちゃんとの話をしてみていいかな?って思った
大事なエピソードで、帰り際に簿記の試験受けなさい、
教えてあげると言われて凄く頼もしく(珍しく)思ったとな、
簿記を教える口実で会うチャンスが作れると下心たっぷりで
提案したんじゃないかと、今客観的になって思うが。

77: 32-23 2008/10/04(土) 11:53:07
その後暫くは、ほぼ毎週のペースでB子とあった。
記憶にあるエピソードは特に無い、大抵昼前にあう。
食事をしながら、簿記とかエクセルマクロの質問に答える。
映画とか、コンサートとか、展覧会とか、
最後に喫茶店に入っておしゃべりして終わり。
服装は大抵は、貧乏学生パンツスタイル+メガネ付き。
メールは毎日来ていた。その内容は変わらず就職関連だったが、
自信が出てきたのか前向きになっていった。
電話もほぼ毎日、俺から掛けたw夜は嫌だというので、
主にお昼休みに一分も使わず、こんな感じ
あー眠いよ、
-(呆れた雰囲気)それなら寝れば良いだけですよね?
寝たら会社クビになるw
-ならクビになれば良いじゃないですか!
それは君が俺を養ってくれるっていう意味?
-えー、なんでです?全力で拒否しますw

78: 32-24 2008/10/04(土) 11:53:54
ところでここまでB子は俺に対して丁寧な言葉遣いであったが、
それを減らすきっかけとなったエピソードがある。
多分GWかその前だったと思う。その日は何の企画も無く、
なんの考えもなしにB子をカラオケに誘った。
-カラオケですか?、、、嫌いなんですか?音痴とか?
-いいえ、むしろ好きですが、、、二人では盛り上がりに欠けると?
-いえ、多人数よりはいいのですが、、、友達と行くことは?
-以前サークルに入っていた頃には良く、でもあまり歌うことは、、
良く聞くと歌うこと自体は嫌いでないのだが、歌い方とか、
何を歌ったかで、その人の性格がわかるので嫌だ、、との事、
性格が分かると嫌なんですか?別に俺は隠さないですよ?
-性格が分かられるのが嫌なんです!、、、隠してるんですか?
-・・・そういう訳では、、、なら良いでしょう。強引に行け!

79: 32-25 2008/10/04(土) 11:55:12
渋谷駅の近くのカラオケ屋に入る、別に常連になる気は無いのに
メンバーズカードを作らされて少々むっとしたが、
それ以外は問題なく狭い二人部屋をあてがわれる。
目の前の画面を並んで見て歌うタイプだ、以前聞いたラブホの
代わりに高校生がカラオケを使うという事が実態として分かった。
B子もやや淫蕩な香りのするその薄暗い部屋に引いている。
俺はすかさず、さあ歌うぞ!と脳天気にいって空気を換える。
後で歌うというB子がつれなく言うので、ポルノとかスピッツとか
を5曲ほど連続して歌ったと思う。飲み物を頼むために間を取ると
-C男さん本当に歌いたい曲を歌ってませんね、、、とB子、
-儀礼的な挨拶の代わりで歌う曲しか歌わないつもりですか?
-隠さないといって隠しているじゃないですか、、、あれ何で非難?
-非難されたくないと思って歌いたい曲を歌わないからです!
妙な拘りがあるなぁと思ったが、自分の中で一番歌いたい曲を
検索し、クラプトンの<Tears in Heaven>を歌った。

80: 32-26 2008/10/04(土) 11:59:25
B子はじっくり聞いていた、そして歌い終わると拍手をしてくれて、
-なかなか聞かせますね、でも私のために歌ってくれなかったのが
-少々寂しいです、、と笑いながら言った。
多分、俺は驚きの表情をしていたと思う、この曲は最初の彼女が
好きだった曲で彼女との思い出が詰まった曲であったからだ。
こいつ超能力者か?B子はクスクス笑って、
-やっぱり好きな誰かさんを思い浮かべて歌ってましたね、
鋭いの?それとも引っ掛けられた?・・・誰も浮かべてませんよ、、
-ふーん、そういう事にしますか、ま、今度は私が歌いますね、
そういって彼女は当時良く映画の宣伝で掛かっていた、
つじあやのの<風になる>を歌いだした。声量はないが清涼感のある
ソプラノでミネラルウォーターのCMに使いたくなる歌声だった。
♪陽の当たる~坂道を~自転車でかっけ登るぅ~、
俺は聞き惚れてしまった。そして自分が彼女の何に引かれていたか
をこの時に気が付いた、俺は彼女の声をいつも聞きたいんだと。

81: 32-27 2008/10/04(土) 12:02:06
-終わったんですが、、何で無反応なんです?
え、聞き入ってしまいました、クラシックとかでなく、
(嫁曰く、クラシックは聞くもの、素人は歌っちゃダメ、基本だろ)
J-POPというのも意外でしたが、歌、凄く上手いんですね、
-まぁ、比較対象がC男さんならばw、、、ホント、上手いですよ。
その後、B子の本性が現れた。歌うの歌わないのって、とにかく
歌い続ける、マイクを離さない、拍手を強要するw
だんだんタメ口になっていく、俺の肩を引っぱたいて大声で笑うw
酒には強いB子だが自分の歌には簡単に酔ってしまう。
羽目を外す、外す、でも楽しいから許す。
-私のために歌いなさいよ!、、、シラフですよね、B子さん?
-さっきは誰を思い浮かべていたのよ!、、、誰も居ませんよ!
-嘘つくの下手だといわれるでしょ!もう聞かないであげるから、歌って!
俺は彼女のためにといってからヒデキ西城の<走れ正直者>を歌いました。
あ、それ、♪りーんりんらんらん、そーせーじぃー
-アンタやれば出来るじゃない!、拍手をして喜ぶB子、、。
また、マイクを持って歌い出す、本当に感動して拍手する俺、
B子がMISIAの<Everything>を歌いながら、マイクを持っていない手を
俺のひざに乗せたのは何か意味があったのだろうか?
♪優しい嘘ならいらぁないぃ、欲しいのはあぁなた~

82: 32-28 2008/10/04(土) 12:06:41
4時間二人で歌い続けて、もう少しというB子の無理やりつれて外に、
カラオケをでる、いつもああなのですか?あ、非難してませんよ、
-いいえ、今日が初めてっていうか、久しぶりです。
-いつもは挨拶の一曲を歌うと後は、聞くだけです。
-なんか地の性格が出てしまって恥かしいです、、、へこんでいる。
いや、ああいうB子さんもいいなって思いました。
ホント楽しかったし、あれが地の性格なら何時出しても良いですよ、
言葉遣いもいつも敬語や丁寧語でない方が俺は好きです。
-はぁ、年上の方に失礼じゃないですか?、、、俺の希望です。
-なら、善処します。(今じゃ、完全に嫁が上なんだよねorz)
それより久しぶりって、前にあすこまでハイになったのは何時です?
この時、俺はB子が付き合っていたという過去の男の話を期待した。
しかし、B子の口からは意外な言葉が出てきた。

83: 32-29 2008/10/04(土) 12:07:57

-お婆ちゃんと最後に行った時だから、小学校6年だと思います。
-笑わないで下さいね、小学生低学年の頃まではアイドル歌手に
-なりたくって、まぁ子供ながらに無理だと分かっていたんですが、、
-お婆ちゃんが良くカラオケに連れて行ってくれて、
-私の歌を聞いてくれて、上手い上手いって褒めてくれて、、
-今日、C男さんがなんか本気で上手いって言ってくれた感じがして、
-わ、お婆ちゃんと一緒だって思ったらつい、子供化してしまって、
-あんなになって恥かしいです、だからもうカラオケはダメですよ。
それって、饅頭怖いって奴ですか?また誘います。
-嫌です、行きません、、、そうだ、ならB子さんの就職が決まった
時にお祝いでカラオケ行きましょう、
-絶対嫌です、、、彼女が笑いながら駅の改札に消える後ろ姿は
まるで学校の帰り道スキップする小学生のようだった。

↑これについては嫁と俺の記憶は一致する。二人にとって印象が
強かったようだ。ただ嫁はあまり、好きなエピソードで無いらしく
この話をすると不機嫌になる。
結婚前に一度、この時に俺への気持ちを意識したといった事が
あるから、それと関連しているかもw

88: 32ー30 2008/10/04(土) 16:47:54
初夏にB子から、メールがあった。
-内々定もらい貰いました。今度会う時ちゃんとしたお礼がしたいです。
B子も俺も忙しかったので三週に二回程度でしか会えなかったが、
毎日のようにメールがあったし、午後7時ごろの仕事がんばれ的な
留守電が入っていることもある位、B子からも頻繁に電話が掛かって来ていた。
「友達」という範囲ではあるが、かなり仲良く付き合っていた。しかし、
就職活動終了=俺との交際の必要性なし=お別れしましょう、の可能性もあった。
俺は<ちゃんとしたお礼>という文言で焦燥感に駆られてしまった。
B子とより親密になる方法は無いのか?これから何を理由に会えば良いのか?
考えても結論は出なかった、正直B子の就職活動が失敗しないかと期待していたのだ。
もちろん当日あった時にB子にそんな事を思っていた様子を見せてはいけない。
それが別離への道しるべであってもちゃんと一緒に祝ってあげよう、そう誓った。
自分としてはかなりテンパっていたのだろう。何故かコンドームを
持っていったのを覚えているw
当日は目黒駅近くのB子選択のレストランでランチを食べる事になった。
その日のB子は久しぶりにジーンズでなくワンピース+コンタクト+薄化粧であった。
はっきり言ってニノウデが細くないのでw着こなしとしては×だが、
そのプニプニ感が妙に俺のエ口人心を刺激した。ついでに言えばふくらはぎもw
B子は終始上機嫌で俺の拙い助力に対し最大限の賛辞を述べてくれた。
その賛辞が別れの挨拶に繋がる気がして、俺には寂しく聞えた。

89: 32ー31 2008/10/04(土) 16:49:29
どうせ別れになるならやっちゃえ!俺の中の悪魔がささやく、天使は病欠中らしい。
「あえて言おう、姉妹丼であると!」ギレン風悪魔の大演説が盛り上がっている時、
何やら、俺の前でB子が手を振っている??え、何?
-あ、疲れて居るんですか?、、、え、何の事です。絶好調ですよ。
-なんだか上の空のようだから、、、ああ、ちょっとボーとしちゃったみたいで、
-あ、御免なさい、やっぱり無理ですよね、、、なんの事です?
-だから、ご迷惑ですよね、、、すいませんがもう一度、
-あ、聞いて無かったんですか?、、、はい、
-嫌なら断って下さいね、、、大抵の事は断りませんよ、
-あのー、自分でも図々しいと思うのですが、、、はい、
-秋にある簿記2級試験まで今まで通り分からないところ教えてください。
俺の脳内から姿を消していた天使は受肉されて目の前に居られたのだ。
彼女は3級に合格していたんだっけ?そんな事より、これってフラグ?
悪魔しか居ない俺の脳内会議はラブラブ恋人になるためのレシピに議題を変えている。
もちろんですよ、頼ってください。B子さんは大切な友達ですから、、
-…そうですね、これからもよろしくお願いします、、、お願いされましたw
脳内会議の結論は、せっかく夏だから一緒に旅行とかいいんじゃねぇ、だったw
あ、そうそうB子さん夏休み中に計画は?どっか行かれます?
-そうですね、家庭教師のバイトとか、卒論とか、内定者向けの宿題みたいのが
-あるから結構忙しくて、ゼミ合宿くらいですか?女の子ばっかりですがw

90: 32ー32 2008/10/04(土) 16:50:42

あ、それなら一緒に北海道でも行きません、知床とか?九月ならまだ開いているだろうし、
-…C男さんと二人っきりでですか?、、、あれ目が怖い?
あ、そのつもりですが、も、もちろん部屋は別ですよ、友達だから、あははw
-…C男さん、男の人と二人きりで旅行したら部屋が別でも世間はどう見ます?
…すいません、配慮が足りませんでした。
-…それは友達、、の関係ではないですよね?、、、そう怖い目でこっち見るな!
はい、調子にのって要らん事といいました、俺の天使は大きく溜息をつき、
-…今日は帰ります、、、伝票もって出て行かれました。
テーブルの上にはさっきまでアイスコーヒーが入っていた背の高いコップが
俺以上に汗をかいていました。

↑嫁さんの記憶だと一緒に泊まりに行こうという出す前に、
俺はずっと知床の自然の綺麗さを話しまくってたらしいw
今にして思い返すと、俺は嫁さんに告白を促されてたような気もするが、
嫁さん的には、大人としての常識を叩き込んだだけらしいw
後、お洒落でなく、日焼け止め、ジーパン熱い、メガネかぶれるし、
だったとの事、実は凄くドキドキしたといったら、
ヘタレの癖にエ口願望だけはあったんだねぇ、、、との事w

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/04(土) 17:06:01
32氏御疲れ様です。いつも楽しみにしてます。
改行増やされてからとても読みやすくなったと思いますよ。

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/04(土) 19:48:53
面白いなあw

99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/05(日) 15:30:27
32よ、俺は超楽しみにしている。
この先、ヤジが入っても最後までどうか投下してほしい。
話の中のあなたとB子さんに引き込まれたぜ。

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/05(日) 15:36:32
B子はオレの嫁
異論は認める

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/05(日) 16:03:27
かなり楽しみ

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/05(日) 11:00:00

32とB子 一体どうなるんだぁ!
32押せ!押せ!押し倒せ!

wktk

続きはまた明日


 

こちらも読まれています

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。