あまり見かけない女子小学生がお使いで買いに来くるようになったので……

人気記事

 
450: 445 2013/12/17(火) 00:02:05.68

実家が祖父の時代からの街のパン屋で、親父が中心になってから
ケーキやクッキーも置くようになった
学校から帰ってから、ちょくちょく店番してたんだけど
あまり見かけない女子小学生がお使いで、
食パン買いに来くるようになったので、
割れたクッキーやラスクをあげたりしてた

「今日もお使い、えらいね、ちょっと割れてるけどクッキー食べる?」
「うんありがと、お兄ちゃん、またね」

女の子はパン屋にお使いに行くと、クッキーを貰えるのと俺の笑顔を見たいからって
自分から進んでお使いしていたらしい
女の子は家で、優しいお兄ちゃんがいるから、パン屋行くって話してて
その子の姉が気になって、女の子の後を付けてこっそり見に来たらしい
姉は転校生で俺の同級生だったんだが
中学では殆んど笑わない無表情な俺が、ニコニコ笑ったのを見て、ビックリしたらしい
俺は中高一貫校に落ちて、不本意な公立進学で教室でも、高校入試の受験勉強をすることで、
現実を見ないようにしていた、今でいう中二病だった
自分のせいだけど、中学生活が不満で興味なく無表情だったと思う
ある日、女の子に試作のクッキーを試食させてたら、その姉が入ってきた

「妹がいつもお世話になっています」
「おねえちゃん、お兄ちゃん知ってるの?」
「俺君ってそんな風に笑うんだ、意外だwww」

俺は恥ずかしくなり、その日から店にあまり出なくなった
やっと自尊心が満足できる高校に進学で来て、また店に出るようになった
その同級生がたまに来る様になって、世間話もできるようになった頃
小学生だった妹の話になり、

「妹の初恋は俺君なんだよ」

と聞いて、会いたいと言ったところ
俺が高校2年になって中学生になったばっかりの妹に会った
その妹から告白されたけど、中1と高校2年はさすがにどうかと思ったので
友達として付き合う
また、その妹が店に会いにくるようになった、勉強を教えたりして自分の妹の様に接していた
その子が高校3年、俺が大学4年の時に再び真剣に告白されて、付き合うようになって
5年ほど付き合って結婚した

453: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/17(火) 01:11:58.69
>>450
良い話しやなぁ

 

こちらも読まれています

 

コメント

  1. 名前:名無し人間さん 投稿日:2016/11/26(土) 22:06:02 ID:966becfb3 返信

    途中から姉ルートに行くのかと思いました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。