子供達がサンタを信じる秘訣

人気記事

 
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/20(月) 00:32:05

俺の兄貴はプレゼントの包み紙を見て
「サンタさんもジャスコで買い物するんだね!!」って目をキラキラ輝かせてたらしい
その兄貴は小6くらいまで信じてたが、5つ年下の俺からバレをくらった
俺は幼稚園の頃にはもうサンタとか信じてなかったからなぁ
親は今でもサンタの話題になると
「5つ下の弟にバラされるとは思ってなかった」と不満を漏らす

さぁて、俺の娘には何歳まで信じさせることができるかな・・・
つーか俺がうっかりバレをやってしまいそうで怖いわw

引用元: http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1292375105/

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/22(水) 12:44:45

俺とこの中二の娘は、自室のドアの廊下側に「サンタさん、嵐のCDがほしいです」って
紙に書いて貼ってる。
娘には「サンタさんなんか絶対に来ないぞ」って言うと、「そんなことないよお父さん、
私サンタさん信じてるもん(ニヤッ)」って返された。

あ~、どうしたもんか。

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/22(水) 13:22:48
>>28
かわいいじゃないか

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/24(金) 13:38:23

子供がサンタを信じているのは、一般に小学校1、2年生までと言われている。

我が家も、遅ればせながら長女が小学校5年生の時にサンタを疑い始めたが、
その時も結局、サンタはちゃんとやってきた。
子供達がクリスマスの朝に目をまん丸にして「お父さん!? 本当にサンタ来たよー。見て見て」と、
走って来るこの嬉しそうな笑顔を見ることが出来たのである。

妻と一緒に顔を見合わせながら、素直な子供たちの笑顔を見て幸せな気分に浸る。

私の娘たちは小学校6年生までは完全にサンタを信じ、
高校生になった今でも信じようと努力している。

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/25(土) 00:15:11
俺は「サンタさんは信じてる子にしか来ないよ」
と親に言われ、4年生まで信じてたなぁ。
きっと、うちのボーズに同じ事を言う日が来るんだな。

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/25(土) 00:37:28

飲んでいて子供をいびってみたくなった。

今年はうちにはサンタは来ないぞ。
どうして?
うちのサンタは煙突からストーブに落ちて焼け氏んだ。
・・・

いわなきゃよかった。はるか昔のアホーな俺。

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/25(土) 12:20:35
>>47
おまい酷すぎ。
笑いまくった。w

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/25(土) 12:31:57

>>47
今月の初めに家に帰ってきた娘たちが何か一生懸命書いてて
「父ちゃん出来たー!」って言って俺に見せてくれたそれは
サンタあてに欲しいものを書いた手紙だったんだが

あのな、これ日本語だろ?サンタさんはどこに住んでるか知ってんのか?
北欧の森林に小屋建てて住んでるんだぞ
外国だから外国語だ 読めるわけないだろう
フィンランド語かノルウェー語勉強して書き直した方がいいぞ

こう言ったら泣いて手紙を捨ててた
その後アラビア文字みたいな訳わからない字で書きなおしてきたんで
これなんて書いてあるんだと聞いたら口頭でぺらぺらと・・

夕べ枕元に置いておきました

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/24(金) 13:39:17

 <子供達がサンタを信じる秘訣>

なぜ、私の子供達がサンタを信じているかというと、
サンタとお父さんの関係を、幼稚園のうちから、しっかりと子供に説明してあるからだ。

その話と言うのは、、、、、

「サンタを信じてるかい? なぜかって? 信じなくなるとサンタは来なくなるんだよ。
その時は、しょうがないから、お父さんが買わなくてはいけないんだ。 君を悲しませたくないからね。
そうするとお父さんは沢山お金を使わなくてはいけないし、サンタさんも悲しむからサンタを信じていてね」

そして、もし、小学生になって「友達がサンタさんはお父さんなんだって言ってたよ」と言い出したら

「そうかい、きっと、その子がサンタさんを信じられなくなったから、しょうがなくてお父さんが買ったんだね。 可愛そうに。
でも、君はサンタを信じてくれているから、今年もきっとくるよ。 君が本当に欲しいものを持って」

と語るのだ。

たったそれだけの会話、それで子供達は夢を持ち続け、わくわくするようなクリスマスイブの夜を迎え、
「今年こそは、寝た振りしながらサンタを見てやる」と決心しながらも寝てしまう可愛い寝顔と嬉しい笑顔を私たちに見せてくれるのだ。

サンタさんへのプレゼントのお願いは、紙に書いて12月の上旬に飾りつけた、
家の中のクリスマスツリーの靴下の中にいれておくとサンタも確実に用意できるはずだ。
今年は暖かい冬になるようだが、今年も我が家にはサンタさんが来るだろう。

そして、子供と妻の笑顔がサンタから私へのプレゼントだ。


 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。