夫も私も知らないうちに次男ができていた話

人気記事

 
380: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)00:37:24 ID:f8q

夫も私も知らないうちに次男ができていた話(フェイクあり)

私と夫は互いに三十代後半の時に初婚同士で少し遅い結婚をした 子供は男の子一人 夫の実家で義父母と同居
さすがに年齢的体力的にキツいので第二子は考えていなかった
だが義父母としては やはり内孫が一人というのは寂しかったのだろう、孫産め攻撃とまではいかないものの
「親戚の誰々さんの所は子供が三人もいる、あなたももう少し頑張って」とか「一人っ子は可哀そう」とか
「後継ぎが一人だけというのは何かあった時に困るから(何かって?)」位の事は言われることもあったが
そのたびに「やだーお義母さんそれは夫さんに文句を言ってくださいよ『もっと早く結婚してれば若くて子供バンバン産める嫁さんつかまえられたのに』って(笑)」と笑って流していたら そのうち私たちには何も言わなくなった

それから数年がたち 子供は小学校の低学年に
ある日ちょっとした連絡ごとで小学校に電話をかけた 電話を受けてくれたのは教頭先生
こちらの用件が済んだところで教頭先生が
「ちょうど良かった、じつは○○さん(私)にお聞きしたいことがあったんですが」
と遠慮がちに切り出してきた

「つかぬことをお伺いしますが、息子くんには“太郎”くんって弟さんいらっしゃいますか?」

引用元: http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452252732/

381: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)00:38:16 ID:f8q

“太郎”は義父母の部屋に置いてある、センサーで人の動きを感知してしゃべる等身大の赤ちゃんの人形の名前
幼い息子が部屋に居る時に、義父母は「息子くんの弟だよ」といって遊ばせていた

うちの町内の行事か何かで子供たちが集まった時に 自治会の役員の人が弟妹がいるかどうかを聞いて回ったらしい(来年度にむけて未就学児を把握するため)
「兄弟はいる?」と聞かれた息子は「いるよ。“太郎”くん!」と即答した

「…いやあ変だなとは思ったんですよ 息子くんは弟居るっていうけどお宅のお子さんは一人しか見かけたことなかったし」
と 後日近所で立ち話をしていた折に自治会長さんが言っていた
義父に問い合わせてくれたおかげで町内での誤解はほどなく解けたらしいが
何の手違いか“太郎”の名前が載った名簿が真偽不明のまま小学校まで上がっていたとは予想だにしなかった
学校の先生方もさぞかし困ったことだろう

382: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)00:38:44 ID:f8q

すぐ一言聞いてくれれば良かったのに…とはもちろん思うが 何か事情があるのかもと聞くに聞けなかったのだろう気持ちもわかる
しかし(…つまり私は近所の人や先生に『子どもがいるのに公にできない訳ありの嫁(母)』と思われていたわけか?!)
と気がついて一人でうあああああorzとなっていたのが私のプチ修羅場

その後 新年度の町内会名簿にも我が家に“○○太郎”がしっかりと載っていた(翌年からはちゃんと訂正)
ご丁寧に息子と一年違いの同じ日付の生年月日つきで
多分「(弟くんの)誕生日は?」と聞かれて息子は自分の誕生日を答えたのだろう

幻の弟が載った名簿は今でも大事にとってある
いつか息子が大きくなったらまた出してきて軽く話のネタにしてやろうかと思っている

383: 名無しさん@おーぷん 2016/04/02(土)08:40:49 ID:l8Q
最近は個人情報保護でよそに“確認”できないことも多いからねぇ

 

こちらも読まれています

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。