バイトの子からラノベ借りて読んでみた結果www

人気記事

 
198: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 18:15:53.71 ID:Mg3hBlny

職場のバイトの子からラノベなる物を借りて読んでみたら、戦闘シーンでの描写が
「カキンカキン!ガガガガガ!」みたいに擬音で描写されてた事
情景とか状況描写は一切ないんかい
地の文も少なくてセリフで話進めたりもしてる

読書好きだけどラノベのジャンルは初体験だったから衝撃的だった

引用元: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1470103682/

199: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 18:17:05.22 ID:WTjjnwEx
いや、それはラノベでもわりと底辺レベル

200: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 18:22:04.86 ID:p2Kx2nqQ
高いレベルのラノベ作品でおススメは?

202: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 18:45:22.74 ID:j5qg3QNL

意味違うけど、高いラノベで思いついたけどラノベは薄利多売一辺倒だなあ
ハードカバーで出して、新書で出して、文庫で出して・・・と
同じコンテンツの版型変えるだけで何度も利益出せる小説、
愛蔵版、限定版、完全版とプレミア感つけて利益出せる漫画とは売り方が違うね

ラノベは出したら終わりだもんなあ
再販しないものも多いし、一番消耗品に近いエンタメってラノベか

203: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 19:48:23.66 ID:qd6ZCBXA

太宰治も生きてた頃は今でいうラノベ扱いだった。
村上春樹も若い頃は、今でいうラノベ扱いだった。

たぶんいまラノベとバカにされてる作品の中にもいいものがあるのだろうと思う。

204: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 20:02:05.30 ID:qtRmIJPW
ラノベ作家から、直木賞も出ているしね
ラノベでも大人の読者が多かったり
作家が出世したりすると、レーベル変えて再販したりもある

205: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 20:13:09.04 ID:By/A5cwY
ラノベの枠からは外れかけてる気もするが十二国記シリーズ面白いよ
ただし続きはなかなかどうしてそうそう出ない

212: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 21:58:39.40 ID:8KJSrah2
>>205
なんであそこは夫婦そろって遅筆なんだろうなあ。
どちらかの瘴気のようなものが感染ったんだろうか。

206: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 20:13:21.79 ID:q6Y9bdiM
一般向け小説の方に行って、ラノベの方のシリーズ放置になっちゃう作家さんもいるね

207: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 20:16:40.86 ID:Mg3hBlny
ラノベに理解ある人多い事にも衝撃
好き嫌い言わず他のも読んでみた方が良いのだろうか

208: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 21:01:47.88 ID:lTUyNMgD
厨房のとき国語の担任に若いうちは乱読しろって言われたもんだ

209: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 21:16:21.32 ID:xILNfXpg
>>207
出版社によっては、期待の新人作家にあえてラノベを経験させる事もあるからね
ラノベは、十代読者が対象だから誰でも理解出来る文章と、楽しめる内容が必須で
しかも量産しなければだから、自然と文章がこなれてくる
筆一本だけでの生活も経験出来るからって
芥川賞を受賞したはいいが
難解な文章と自宅警備員の愚痴な内容で、一般受けは全くせず
数作発表して消えていくなんてザラだし

210: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 21:20:04.22 ID:olhPzUia
ライトノベルは好きではないけど”ライト”って自称してるんだからいいよ。
純文学名乗ってるわけじゃないんだから。
それが入り口になって小説好きになるかもしれないじゃん。

211: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 21:44:47.14 ID:HfKwmkIp
宮部みゆきや東野圭吾なんて、それ以降全く登場しない、氏体の第一発見者のプロフィール説明のために1ページ以上使うからね。
「早朝のジョギング中の男性」だけでいいのに、その人が少年期はどんな夢を抱いてたとか、学生時代はどんな青春を送ったとか、卒業後にどんな会社に就職したとか、
妻とどんな出会いをしたとか、夢を捨てきれず転職したとか、家族との摩擦だとか、だらだら書いてようやく気分転換で始めたジョギングに行きつくほどの無駄な説明が多々ある。

213: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:09:11.17 ID:WTjjnwEx
>>211
それは登場人物に深みを持たせて
読者にその人物にも一つの人格があることを示唆し
犯人はこれほど残酷なことをやったのだと読者を物語の中に引き込むため
ただの記号として捉えるよりも、勧善懲悪的に犯人はこれほどの悪なんだよと示せば
物語の主人公への感情移入を助ける効果がある
読者のスタンスによっては確かに無駄な文章だがな

223: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 11:54:13.62 ID:bSEDXBe8
>>213
そこはね、ただの記号で良いと思うんだよね
深みは主要登場人物で間に合わせてほしい

214: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:12:30.97 ID:HfKwmkIp
>>213
説明の説明がこれまた長い・・・

215: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 22:14:26.98 ID:WTjjnwEx

>>214
無駄じゃないと感じる人も居る

よし、これで問題ないな

217: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 23:47:40.96 ID:By/A5cwY

>>207
ラノベは文学というよりエンタメだし、無理して読むものじゃないと思う
でもラノベの中でもやっぱりピンキリだから、全部が全部
>>198で挙げられている作品みたいな感じってわけではないし
試しにいくつか読んでみるのはありだと思うよ、読まず嫌いと一通り読んだ上で嫌いなのは全然違うしさ

あともし読むなら、作品の人気と文章力表現力が比例するとは限らないのでご注意を

管理人はいまノゲノラ読んでる


 

こちらも読まれています

 

コメント

  1. 名前:名無し人間さん 投稿日:2016/08/18(木) 15:35:15 ID:4afa10c38 返信

    乙一、小野不由美は、ラノベ作品書いても、文学として十分成り立つ。

  2. 名前:名無し人間さん 投稿日:2017/02/24(金) 15:05:07 ID:e8b14c4be 返信

    須賀しのぶ、直木賞候補になってたね。
    今だと何が面白いんだろう。

  3. 名前:名無し人間さん 投稿日:2017/10/31(火) 11:36:41 ID:4029bf001 返信

    エロラノベ畑だけど「もっと擬音を入れてください」って
    いわれることはあるよ
    「ずぶぶっ、ぬちゅ、どくっ、どびゅぅううっ!」みたいな
    地の文でちゃんと描写もしてるけど、そういう要素が必要なジャンルもあるんだよ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。