嫁から脳天唐竹割りチョップ 「手を出すつもりも無いのか!」→お付き合い開始w

人気記事

 

569: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/19(金) 06:46:07.82 .net

嫁とは保育所以来の幼なじみ。
高校大学は別だったが、たまに顔を見る程度の距離住まい。
ちなみにけっこう田舎w 実家は隣の家が数十m離れている、それくらい田舎。
高校は電車通学だったし本数は少ないしで、通学中も顔を合わせては「ヨッ!」とか挨拶。
大学は自分は遠距離でアパート住まい、嫁は近距離で自宅通学。
時期折の帰省で顔を見るくらい、顔を合わせたらちょっと世間話する程度の距離感。
友人ってだけで、特に異性としては意識していなかった。
ぶっちゃけ中の上くらいに可愛い子で、子供時代からしたら女らしくなったなーって感じ。
特に自分は恋愛に興味なかったのかも。
大学卒業まで女性と付き合ったことも無かったしね。

続きます。

570: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/19(金) 06:47:02.98 .net

大学も無事卒業したが、実家周辺では就職先が無く、ちょっと大きな隣市で名の知れた企業に滑り込めた。
自分は隣市でアパートで独り暮らし続行、嫁も隣市に就職していたが自宅から電車通勤だった。
旧知の仲というのか、仕事や飲み会で終電を逃すと、嫁は自分のアパートに転がり込んで来るように。
何の疑いもなく招き入れる自分アホスw
正直、可愛い子だし付き合いたいとも思っていたが、恋愛経験の無さから「彼氏居るかも」「男扱いされていないかも」と尻込みしていた。
頻繁ではないが宿泊施設扱いが何度も続き、ある時嫁に脳天唐竹割りチョップ食らう。
「手を出すつもりも無いのか!」→お付き合い開始w
何もかも手探り、男女交際なんて初めてだし。
それは嫁も同じだったそうだが。

就職2年目、交際半年で同棲開始、3年目給料がズドンと上がり結婚も考え始めるも、なかなか嫁に言い出せない自分ヘタレ。
しかしすでに家計を任せていた嫁に給与振込みはモロバレで、しかも二の足をふんでいた状況もバレていたようで。
ある夜「こんな私で良ければ、一生おそばに居させて下さい」と三つ指ついて逆プロポーズ。
その後1年かけて資金を貯め、結婚してもう20年経ちます。
当時からずっとですが、嫁の尻に敷かれる座布団の立場は非常に安楽。
座布団とはいえ、手入れもお直しもていねいで優しいです。

そんな恋愛も結婚も嫁主導だった自分のお話。
お粗末さまでした。

571: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/19(金) 06:57:02.95 .net
そうか。
>>569も学生時代に前歯を捨てられなかったわけだな。

572: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/19(金) 07:05:26.84 .net
>>570
いい嫁さんだな
ちゃんと愛を唱えてるか?

573: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/19(金) 07:59:56.47 .net

おまえらの嫁の幼馴染みツンデレ押し強い率の高さは異常

まあ、もげとけ

次スレで詳細話がありました↓
俺の生まれた4日後に向かいの家に生まれた女の子が今では嫁さん


 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。