娘「しばらくカラオケは行きたくない。父ちゃんも母ちゃんもすげー」

人気記事

 
980: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/30(土) 00:13:13.83

今日、娘のリクエストでカラオケに行った。

きっかけは今月の1日に遡る。
1日の朝、まだ嫁が起き出す前に子供たちにかましたエイプリルフールだ。
「父さんと母さんな、別れようと思うんだが、お前たちはどっちについて行く?」
高校生息子は気付いたのか「へー、そー、ふーん」な態度だったが、中学生娘は激昂。
「そんなのイヤだ!」「お願い、別れないで!」
普段は反抗期真っ最中で自分には素っ気ない態度の娘だが、何か思うところあったのか
泣きながら反対の姿勢。
本当は2人の反応見たあと、嫁がネタばらしとして登場する手はずだったんだけど、
慌てて出てきて娘を宥める。
自分も嘘だから、エイプリルフールのドッキリだからと平身低頭。
嫁と打ち合わせてのネタだったんだが、普段はクールな娘がここまで泣くとは本当に予想外。
さすがに趣味が悪過ぎたと反省。

で、反省とお詫びを込めて娘のリクエストに応えることに。
それが今日の家族カラオケ。
娘はノリノリ、息子も悪ノリしてた。カラオケ序盤は。
というのも、これが「8時間耐久カラオケ」というもの。
間に昼食と夕食を入れて、ドリンクバーを付けて、11時~19時まで歌い通し。
自分が若い頃に仲間内でやってた「24時間耐久カラオケ」の短縮バージョンで、
それを娘が「いつか自分も参加してみたい」という希望での実行となった訳だ。
長時間カラオケをやったことのある人ならわかってくれると思うが、ある程度時間が経つと
レパートリーも減ってくるし、体力も削られてダルダルな雰囲気になる。
「8時間くらい余裕~」とか言ってた娘も息子もそうだった。
最後まで楽しく歌っていたのは、自分と嫁さんだけ。
メシも美味い店を選んだし、ソフトドリンクも飲み放題でソフトクリームまで食べ放題。
あー楽しかった。

んで娘の総評。
「しばらくカラオケは行きたくない。父ちゃんも母ちゃんもすげー」
とガラガラ声でした。息子は完全に声つぶれてたし。
まあ年季が違いますわなw

引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1456198186/

984: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/30(土) 07:28:26.43
>>980
正直こんな家庭とは付き合いたくないわ

981: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/30(土) 00:34:22.94
カラオケくらいいつでもいけよ
つか洒落にならんジョークはやめろよガキじゃあるまいし

 

こちらも読まれています

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。