535: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 17:38:17.70



小学生の頃、母親が入院していた時期があった。
それが俺の遠足の時期のちょうど重なってしまい、
俺は一人ではおやつも買いに行けず、
戸棚にしまってあった食べかけのお茶菓子とかをリュックに詰め込んだ。

そして、夜遅くオヤジが帰宅。
「あれ・・・明日遠足なのか」と呟き、リュックの中を覗き、しばし無言。
もう遅かったので、俺はそのまま寝てしまった。

次日、リュックを開けて驚いた。
昨日詰めたおやつのラインナップがガラリと変わっている。
オマケのついたお菓子とか、小さなチョコレートとか・・・
オヤジ、俺が寝てからコンビニ行ったんだな。
俺、食べかけの茶菓子でも全然気にしてなかったんだけどさ。

あの時、オヤジがどんな気持ちでコンビニへ行ったかと思うと、
少し切なくなる。


 

引用元: http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1464830264/



540: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 19:09:29.69

>>535
大変いい話なんだが、俺が小学生の時代はまだコンビニなんてものがなかったのを思い出した
俺ってオッサンなんだなーと実感した(あと田舎住まいなのもね)
話の腰をもんでスマソ

 
544: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 21:08:08.08

>>540
おまおれ(;´Д`)

 
546: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 22:51:15.65

>>535
どんな気持ちでコンビニって、子供の遠足の準備なんかするこたあんまり無いしちょっと嬉しかったりしたかもしれんぞ?
良いお父さん持ったな

 
547: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 22:59:54.32

>>535
むかしの親父さんにしては優しいな。
俺の父親はただただ恐い存在だったわ。

 
536: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/22(水) 17:53:49.60

いい話だな